フクロウ

試用期間で退職しようと思うんだけど、次の転職活動では履歴書に書かなければならないのかな? できれば書きたくないんだけど。ていうか、書かなければバレないんじゃない? 大丈夫だよね?

試用期間中での退職は、転職では不利になることが多いです。それはそうですよね。「すぐに辞めそう」「精神的に弱そう」「不満が多そう」「実力がなさそう」と企業の採用担当者は思うわけですから。

ということで、試用期間での退職を履歴書に書きたくないという人は多いと思います。ですが、書かないと色々な危険がつきまとうことになります。

この記事では、試用期間での退職を履歴書に書かないことの危険性と、実際の書き方を紹介。さらに、筆者は企業で人事担当をしていますので、転職での選考面接で不利にならない試用期間での退職理由の伝え方も解説します。

試用期間での退職を履歴書に書きたくないと考えている方には役に立つ内容だと思いますよ。

試用期間での退職を履歴書に書かないという人たちの声

試用期間での退職を履歴書に書かないという人たちの声をTwitterから拾ってみました。

このようにいくつかありますが、はっきりいって試用期間での退職は履歴書に書かないと危険です。どのような危険があるのかについて、以下、説明しますね。

試用期間での退職を履歴書に書かないことによる危険性

試用期間での退職を履歴書に書かないことによる危険には、次の3つがあります。

  • 不採用になる場合がある
  • 経歴詐称として懲戒解雇される可能性
  • 会社からの信用を失う

それぞれ簡潔に説明しますね。

①不採用になる場合がある

試用期間中に退職したことを履歴書に書いておらず、何らかの理由で採用前にバレてしまった場合、不採用となる危険があります。

企業側からすれば当たり前ですよね。経歴を偽るような人を採用したいとは思いませんから。

では採用前に、試用期間中の退職が企業側にバレることはあるのか気になりますよね。結論からいえば、ごくたまにいます。筆者は企業で人事担当をしていますが、過去に1件だけバレたケースがあったと聞いています。

その人がバレたのは、Facebookの記載から。在職企業を掲載してたそうですが、その企業名が履歴書になかったんだとか。応募者に確認したところ、試用期間中の退職を自白したそうです。

このように、試用期間での退職がバレてしまうケースはあります。ビクビクするぐらいなら、正直に履歴書に書いたほうがいいですよね。

②経歴詐称として懲戒解雇される可能性

試用期間中に退職したいことを履歴書に書かず、入社後にバレてしまったとします。経歴詐称として、会社から懲戒解雇される可能性があります。

懲戒解雇の根拠は就業規則です。就業規則のそのような規定が載っていれば、その危険性はとても高くなります。ちなみに、ほとんどの企業の就業規則に、経歴詐称に対する懲戒解雇規定は載っていますよ。

なお、就職後に経歴詐称がバレて懲戒解雇となった場合、裁判に持ち込むことでひっくり返すことができる場合があります。過去の裁判では…

「その会社から見て、採用段階で発覚していたとしたら、採用しなかったか、少なくとも同一条件では採用しなかったと判断するような詐称で客観的に考えても、その判断が相当だといえる」というレベルの経歴詐称ということであれば、懲戒解雇されるという判決でした。

試用期間での退職を隠していたことが、これに該当するのかどうかは、ケース・バイ・ケースですし、そもそも裁判まで持ち込まなくてはその時点で解雇されたままです。

③会社からの信用を失う

試用期間中での退職を履歴書に書かなかったことが入社後にバレてしまった場合、会社からの信用を激しく失います。

自分にとって都合のいいことだけを話し、都合の悪いことは隠すような卑劣な人間だと、会社の人間は認識します。個人的な話なので一般社員には伏せられると思いますが、上層部や人事の共有情報になります。当然、出世はありません。

「たぶんバレないだろう」という気持ちで履歴書に書かなかったことにより、その後の道が完全に途絶える可能性がありますよ。

【実録】試用期間での退職を履歴書に書くことについてのハローワークの見解

試用期間での退職を履歴書に書くことについて、ハローワークはどのような見解をもっているのでしょうか。気になったので、筆者が直接ハローワークに電話をして聞いてみました。

パンダ

試用期間での退職は履歴書に書かなければいけませんか?

ニワトリ

期間はどれぐらいですか?

パンダ

試用期間が3ヶ月とされていて、1ヶ月で退職する場合です。

ニワトリ

それなら書かなくてもいいんじゃないでしょうか。

パンダ

書かなくてはいけないということじゃないんですか?

ニワトリ

書いたら就職が厳しくなりますから。

パンダ

書かないことは問題ないんですか?

ニワトリ

本当は正直に書いたほうがいいですけど、就職が厳しくなりますから。

パンダ

では、就職が厳しくならない期間ってあるんですか?

ニワトリ

だいたい3ヶ月以上ですね。

パンダ

3ヶ月未満で退職したら、履歴書に書かないほうがいいということですか?

ニワトリ

本当は書いたほうがいいですけどね。就職が厳しくなりますから。

ここからわかることは、ハローワークには明確な見解がないということですね。あるいは、相談する担当者によって回答が異なるということかもしれません。いずれにせよ、ちょっと参考にはなりませんでした。

試用期間での退職は雇用保険でバレる?

試用期間で退職しようとしている現在の会社が、すでに雇用保険や社会保険の加入手続きを終わらせていたとすれば、転職後、加入履歴でバレてしまいます。

逆に言えば、雇用保険・社会保険の加入手続きが済んでいなければ、転職先でバレる可能性は大幅に減ります。だからといって、履歴書に書かないことを推奨しているわけではありませんよ、念のためですが。

試用期間での退職理由

試用期間で退職した場合、次の転職活動において退職理由はどうすればいいのでしょうか。履歴書の書き方と、面接での答え方に分けて説明します。

履歴書には「一身上の理由」と書く

試用期間で退職したことを履歴書に書く必要があるというのは前述のとおりですが、「一身上の理由」と書くだけでOKです。

書類選考で不利な扱いになりたくないからと、履歴書に、退職の具体的な理由や経緯を書いても意味はありません。逆に、「言い訳が見苦しい」と思われてしまうかも。

試用期間での退職は履歴書上では異質に見え、不利に働くこともあります。それでも面接選考に進める人材であるかは、同封する職務経歴書の内容次第です。

試用期間で退職したことをどう繕おうと考えるよりも、職務経歴書作成に力を注ぎましょう。職務経歴書の書き方は、こちらの記事で解説していますので、よろしければ。

職務経歴書の書き方を超絶丁寧に全解説【プロ直伝】

面接で伝えたい試用期間での退職理由

書類選考をパスできれば、次の難関は面接選考ですよね。試用期間での退職理由は100%質問されます。しっかりと答えを練り上げておいてくださいね。

退職理由でネガティブな話はしないというのは転職活動では常識ですよね。とはいえ、ネガティブな要因を隠し切ることはできないでしょう。絶対にネガティブな要因があるはずだと面接官は確信しているからです。

さて、面接で使用期間での退職理由を聞かれたときの、良い答え方を紹介します。少なくとも筆者が面接官としてこの表現を聞いたら、「まあ、仕方ないかな」と思う答え方です。それは…

「ネガティブな理由はあったものの、それをきっかけに改めて自分の適性を見つめ直し、より自分の実力を発揮できる企業に転職したいと考えたから」というものです。

これに具体的な内容・表現を付け加えてください。志望動機に繋がるような流れを意識して作れれば最高です。

こういった退職理由・転職理由をひとりで考えられないという場合は、転職エージェントに相談したほうがいいかもしれません。面接に通りやすい退職・転職理由作りについてアドバイスしてくれますよ。

転職エージェントについてはこちらの記事にまとめています。よかったらチェックしてみてくださいね。

本当におすすめできる転職エージェント【年代別×年収別】

まとめ|試用期間での退職は履歴書に書くべき!面接で話す退職理由は慎重に!

ここまでの内容をおさらいしましょう。

  • 試用期間での退職は履歴書に書くべき
  • 履歴書に書かない=経歴詐称がバレて「内定取消し」「懲戒解雇」「信用ゼロ」となる可能性がある
  • ハローワークは履歴書に書かないことに対する明確な答えを持っていない
  • 試用期間中に雇用保険か社会保険に加入済みであれば、転職後にバレる可能性が高い
  • 試用期間中の退職は、履歴書には「一身上の理由」と書く
  • 試用期間中の退職は、面接では志望動機に繋がるような退職理由を話す

やむを得ずに使用期間中に退職することになったとしても、履歴書には正直に書き、しっかりと対策を講じて転職活動しましょうね。コソコソとウソをついてもビクビクがついてまわります。正々堂々と勝負ですよ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。また別の記事でお会いしましょう。