静岡に拠点を置く転職エージェントは多数ありますが、実績・評判とも高い転職エージェントは多くはありません。

この記事では、現役転職アドバイザーが静岡でおすすめできる転職エージェント6社を、年齢別・状況別にご紹介します。

あなたの静岡での転職活動において、成功に導いてくれる本当に頼りになる転職エージェトがきっと見つかりますよ。

年代別・キャリア別おすすめ転職エージェント【静岡版】

静岡でおすすめできる転職エージェントを、年代別&キャリア別に分けてご紹介します。

年代は【20代・30代・40代】、キャリアは【未経験レベル・ミドルキャリア・ハイキャリア】です。

20代におすすめの転職エージェント【静岡版】

正社員未経験・ブランク有り
ミドルキャリア層(年収目安500万円未満)
ハイキャリア層(年収目安500万円以上)

静岡において正社員未経験・ブランク有りの20代が利用すべき転職エージェントは、経験が浅い求人案件も豊富に保有する【doda】のみです。

年収450万円未満の20代ミドルキャリアで絶対に外せないのは、業界最大手の【リクルートエージェント】です。静岡の求人案件が圧倒的に多く、サポートの質も最高レベル。利用して間違いありません。

年収450万円以上の20代ハイキャリアは、業界最大手の【リクルートエージェント】、業界2位の【doda】とあわせて、静岡の良質なハイクラス案件を揃えている【パソナキャリア】も外せないところです。

30代におすすめの転職エージェント【静岡版】

正社員未経験・ブランク有り
ミドルキャリア層(年収目安600万円未満)
ハイキャリア層(年収目安600万円以上)

静岡の正社員未経験・ブランク有り30代におすすめできる転職エージェントは、未経験案件を豊富に抱える【doda】しかありません。ここ以外は、該当する求人案件が少なかったり、派遣・契約社員といった正社員ではない就業形態案件に誘導されたりするケースが見られます。

静岡の30代ミドルキャリア層については、業界最大手の【リクルートエージェント】と業界2位の【doda】の利用は必須です。また、地元案件を豊富に持つ【リージョナルキャリア静岡】も余裕があればチェックしてみましょう。

静岡の30代ハイキャリア層は、ハイキャリア特化の転職エージェント【JACリクルートメント】と、業界最大手の【リクルートエージェント】の2社に登録すればすべてOKです。特にJACリクルートメントは、企業情報を熟知した上での最高レベルの選考対策を行ってくれますので、内定を得られる確率が極めて高いと評判です。

40代におすすめの転職エージェント【静岡版】

正社員未経験・ブランク有り(年収500万円未満)
  • なし
ミドルキャリア層(年収目安500万円以上800万円未満)
ハイキャリア層(年収目安800万円以上)

静岡において、40代で正社員未経験・ブランク有りの求職者をサポートしてくれる転職エージェントは残念ながらありません。

この場合は転職サービス【ミイダス】に登録しましょう。Web登録後、企業から送られてくるオファーはすべて面接確約オファーです。書類選考をパスした状態からの先行スタートですから、内定が得られる可能性が劇的に高まりますよ。

静岡の40代ミドルキャリア層が利用できる転職エージェントは、【リクルートエージェント】と【doda】の2社のみです。業界屈指の求人案件を保有している2社ならではといったところです。

静岡の40代ハイキャリア層をサポートしてくれる転職エージェントは、ハイキャリア層特化の【JACリクルートメント】のみです。JACリクルートメントにおいてはキャリアさえ備わっていれば40代という年齢は大きな問題ではありません。

転職エージェントを使わないことのデメリット6つ【静岡版】

静岡での転職活動において、転職エージェントを使わないことのデメリットとはどのようなものでしょうか。以下、わかりやすく説明します。

転職エージェントを使わないデメリット
  • 現実からズレた転職活動になる可能性がある
  • 公開されている競争率の高い求人案件にしか応募できない
  • 応募など面倒な手続きをすべて自分で行わなければならない
  • 万全の対策を講じているライバルと自力で戦わなければならない
  • 面接後のフォローが弱い
  • 条件交渉が厳しい

デメリット1 現実からズレた転職活動になる可能性がある

「現実からズレた転職活動」とは、自分の強みを活かせるような求人案件に応募しなかったり、自分の転職市場価値を見誤る(過大評価・過小評価)ことで転職市場価値に見合わない求人案件に応募してしまうことです。

現実からズレた転職活動を行うと、間違いなくその転職活動は失敗してしまいます。内定が決まらず転職活動が長期化したり、条件の悪い企業に転職してしまったり、という具合に。

実際、「強み」や「転職市場価値」といった「現実」は、求職者が独りで考えたところで簡単に把握できるものではありません。

なぜなら、こういった「現実」は、社会情勢や業界状況といった他社事情やタイミングによっても、その評価が変わってくるからです。

一方、転職のプロである転職エージェントに任せれば、多種多様な保有データからあなたの正確な「現実」を弾き出してくれます。そして、現実の即した転職活動を進めることができるようになるのです。

静岡の転職エージェントを利用せずに、現実からズレた遠回りの転職活動が続くと、心身ともに著しく疲弊してしまいますよ。

デメリット2 公開されている競争率の高い求人案件にしか応募できない

静岡の転職エージェントは、登録をしている一部の求職者にしか公開しない「非公開求人」、その転職エージェントのみが取り扱っている「独占求人」を保有しています。

これらはアクセスできる求職者が限られていることから、応募競争率は低い傾向にあります。

転職エージェントに登録しなければ、こういった「非公開求人」「独占求人」という美味しい求人案件に応募することはできません。

デメリット3 応募など面倒な手続きをすべて自分で行わなければならない

静岡での転職活動において、何より大切なことがあります。それは、転職先が決まるまでは現職をやめないということです。

現職をやめる、つまり失業状態で転職を行うことは自殺行為。次のような大きな大きなデメリットがあるのです。

失業状態で転職活動を行うデメリット
  • 内定が得られる確率が大幅に下がる。企業側が、「大きな問題を起こして懲戒解雇?」「ストレス耐性がないなど性格面に問題あり?」「著しい実力不足?」「深刻な体調不良?」というネガティブな印象を抱くため。
  • 無休状態となるため経済的に困窮する。精神的にも追い込まれ、家庭不和に至る可能性も出てくる。
  • 無休状態からなんとしても抜け出そうと、転職希望条件を大幅に下げて転職活動をせざるを得なくなる。その結果、ブラック企業や非正規雇用を選ばざるを得なくなる。短期間で再転職を検討せざるを得ない状況に追い込まれる。

このようにならないよう、転職活動は必ず在職中に行いましょう。

とはいえ、通常の勤務以外の時間に転職活動をすることは至難。面倒な手続きも代行してくれる転職エージェントは大きな助けとなります。

転職エージェントを利用しないと、転職活動をすべて自力で行わなければならないため、心身ともに疲弊してしまうかもしれません。

デメリット4 万全の対策を講じているライバルと自力で戦わなければならない

静岡の転職エージェントを利用すると、万全の選考対策を講じてもらえます。なぜなら、転職エージェントは求人企業の様々な情報を持っているため、どうすれば選考を通過できるのか把握しているからです。

例えば面接対策について、転職エージェントは過去の面接での質問内容と、採用に至った回答と至らなかった回答を把握しています。

また、面接選考で毎回必ず質問されること、そしてどのように回答すれば面接官受けが良いのかもわかっています。

こういった情報を踏まえ、模擬面接などでサポートしている求職者に対して面接対策を講じていきます。転職エージェントのサポートを受けたライバルは、最高の状態で面接に臨めるのです。

転職エージェントを利用しない場合、こういったライバルと自力で戦わなければなりません。情報収集能力、分析能力、プレゼンテーション能力によほど秀でていない限り、勝って内定を得ることは難しいでしょう。

デメリット5 面接後のフォローが弱い

静岡の転職エージェントのキャリアアドバイザーは、担当している求職者が面接選考を受けた後、求職者に面接選考の手応えを確認します。

そしてそれを踏まえ、面接選考を行った採用担当者に連絡を入れ、求職者を猛プッシュするのです。

このキャリアアドバイザーのプッシュの効果は絶大で、ボーダーライン上にいた求職者がプッシュにより内定に転がるケースは多々あります。

静岡の転職エージェントを利用しない場合、このようなプッシュによる下駄履かせは不可能。面接時の内容だけで選考結果が決まってしまうのです。

デメリット6 条件交渉が厳しい

就業後の給与・待遇等に関する条件交渉。これをしっかりと行わず、企業側の提示する条件を鵜呑みにしてしまうと、転職後に「こんなはずじゃなかった」と悔やむことになるかもしれません。

大事な条件交渉ですが、やはりその難易度は高い。いつ、どのように、どこまで交渉するのか。百戦錬磨の企業の採用担当者に対して挑まなければならないのです。

この点、静岡の転職エージェントを利用していれば、このような難しい条件交渉も転職エージェントが代行してくれます。求職者側は、希望をキャリアアドバイザーに伝えておけばいいだけ。

転職エージェントを利用していない場合は、条件交渉は自分で内定との兼ね合いを考えながら行わなければなりません。あるいは、条件交渉を諦めるということになるでしょう。

一応、個人で企業と条件交渉をする際のコツはこちらの記事にまとめています。

オファー面談とは?確認事項、服装、辞退の仕方まで【スッキリ解決】

転職エージェントを複数掛け持ちすべき3つの理由【静岡版】

静岡での転職活動では、複数の転職エージェント掛け持ちは必須です。その理由を3つ、以下わかりやすく説明します。

転職エージェントを複数掛け持ち利用すべき理由
  • サポートの内容が異なるから
  • 非公開求人・独占求人を紹介してもらえるから
  • 相性の良いキャリアアドバイザーに出会える可能性が高まるから

理由1 サポートの内容が異なるから

静岡の転職エージェントのサポートサービスは、求人紹介、書類対策、面接対策等ありますが、それぞれの内容は転職エージェントにより異なります。

転職エージェントの代表的なサポートである「求人紹介」「書類対策」「面接対策」の3つについて例をあげて説明します。

求人紹介

求職者の希望に合致した求人のみを紹介してくれる転職エージェントもあれば、希望とは異なっていても内定が出やすそうな求人ばかり紹介してくる転職エージェントもあります。

書類対策

求職者が作成した職務経歴書を添削するというサポートをしてくれる転職エージェント、職務経歴書作成のほとんどを代行してくれる転職エージェント、職務経歴書の書き方マニュアルを配付するだけの転職エージェントもあります。

面接対策

1社目だけ模擬面接をしてくれる転職エージェント、すべての面接前に模擬面接をしてくれる転職エージェント、模擬面接を電話で簡易的に済ませる転職エージェント、模擬面接はせず面接の受け方マニュアルを配るだけの転職エージェント等。

このように、転職エージェントによって各サービス内容は異なります。そして、1つの転職エージェントですべてのサポートに対して満足できることはまずありえません。

複数の転職エージェントを利用し、それぞれのサポートサービスを組み合わせて利用することで初めて、あなたの求める転職活動をすることができるのです。

理由2 非公開求人・独占求人を紹介してもらえるから

各転職エージェントとも、登録している一部の求職者にしか開示しない「非公開求人」や、その転職エージェントでしか取り扱っていない「独占求人」を保有しています。

このような求人案件は、誰もがアクセスできるわけではありませんから、必然的に応募者数が絞られ、競争率が下がります。つまり、内定を得やすい求人案件だということです。

転職エージェントを複数利用するということは、それだけ多くの非公開求人・独占求人を紹介してもらえる可能性が高まるということです。求人応募という点において、転職活動を有利に進めることができますね。

理由3 相性の良いキャリアアドバイザーに出会える可能性が高まるから

転職エージェントのサポートは担当となるキャリアアドバイザーを通して提供されます。

どれほど評判の良い転職エージェントに登録しても、担当となるキャリアアドバイザーと相性が合わなければ満足のいくサポートサービスを受けることはできません。

もし、担当となったキャリアアドバイザーと相性が合わなければ、転職エージェント側に担当交代を依頼できます。

とはいえ、この交代回数は有限です。1つの転職エージェントにおいて、担当のキャリアアドバイザー交代依頼は3回が限度と認識しましょう。

どの転職エージェントも、このような交代依頼回数の限度は明示していませんが、業界の常識ですから知っておいてください。これ以上の交代依頼をしてくるような求職者はクレーマー扱いされてしまいます。

こういった事情もあるため、転職エージェントは複数を掛け持ち利用し、相性の合う複数のキャリアアドバイザーといち早く出会いましょう。

静岡の求人特性をチェック

静岡の求人にはどのような特性があるのでしょうか。

静岡市の求人案件の業種別割合

業種 求人割合
IT・通信系 21%
メーカー系(電気・電子・機械系) 15%
メーカー系(素材・医薬品他) 18%
商社系(電気・電子・機械系) 8%
商社系(総合商社・素材・医薬品他) 11%
流通・小売系 15%
サービス系 41%
専門コンサル系 18%
マスコミ系 5%
金融・保険系
5%
不動産・建設系 25%
その他 26%

静岡市の求人業界の特徴は、「メーカー系(電気・電子・機械系)」と「メーカー系(素材・医薬品他)」が全国平均と比較して高い割合を示しているということです。

各種メーカーへの転職を考えている方の場合、静岡市は求人を探しやすい環境であると言えます。

静岡市の求人案件の職種別割合

職種 求人割合
営業 33%
事務・管理 13%
企画・マーケティング・経営・管理職 7%
サービス・販売・外食 13%
Web・インターネット・ゲーム 2%
クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン) 1%
専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産) 6%
ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ) 11%
エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御) 18%
素材・化学・食品・医薬品技術職
1%
建築・土木技術職 14%
技能工・設備・交通・運輸 10%
医療・福祉・介護 1%
教育・保育・公務員・農林水産・その他 2%

求人職種において、静岡市のそれが全国平均を大きく上回っているのは「営業」「エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)」「技術工・設備・交通・運輸」の3職種。

逆に、静岡市において全国平均を大きく下回っている求人職種は「専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)」「ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)」の2職種です。

こういった特性も考慮した求人活動がおすすめです。

静岡県の平均年収

都道府県 全体平均 男性平均 女性平均
静岡県 410万円 443万円 327万円
愛知県 405万円 444万円 328万円
三重県 398万円 436万円 320万円
岐阜県 386万円 422万円 309万円

参照:doda平均年収ランキング

静岡県の平均年収は、東海地方において首位。全国でも7位と高水準です。平均年収という観点からすれば、静岡県は恵まれていると言えるでしょう。

まとめ|静岡のおすすめ転職エージェント状況別比較

いかがでしたか? 静岡でおすすめの転職エージェント6社を、一覧でまとめました。

リクルートエージェント
  • 業界最大手の転職エージェント。
  • 大手企業・優良企業の案件が豊富。
  • ミドルキャリア層・ハイキャリア層の転職成功実績は圧倒的。
doda
  • リクルートエージェントに次ぐ業界2位の転職エージェント。
  • 紹介される求人案件数は業界最多と評判。
  • すべての層に対応できるサポート力も強み。
パソナキャリア
  • 履歴書・職務経歴書といった応募書類の書き方から、企業ごとの面接アドバイスなど幅広いサポートが特長。
  • オリコンの顧客満足度ランキング総合1位。
  • ハイキャリア層の対応にも定評がある。
マイナビエージェント
  • 20代の転職者に絶大な人気。
  • 40代以上の求人対応は難しい。
JACリクルートメント
  • キャリアや年収をアップさせたいという、ハイクラス特価の転職エージェント。
  • 企業側の内部情報を細部にわたり開示してもらえるため、書類・面接選考対策が捗り、選考通過率が非常に高い。
リージョナルキャリア静岡
  • 静岡県特化の転職サービス。
  • 地元企業の求人に強い。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。