札幌に拠点を置く転職エージェントは多数あります。その中で、実績・評判とも最高クラスの転職エージェントを4社のみ厳選しました。

これらを、年齢別・キャリア別に分類しておすすめしています。本当にあなたの力になってくれる札幌の転職エージェントが見つかりますよ。

年代別・キャリア別おすすめ転職エージェント【札幌版】

札幌でおすすめできる転職エージェントを、年代別・キャリア別に分けてご紹介します。

年代は【20代・30代・40代】、キャリアは【未経験レベル・ミドルキャリア・ハイキャリア】です。

あなたの該当する箇所をチェックしてみてくださいね。

20代におすすめの転職エージェント【札幌版】

正社員未経験・ブランク有り
ミドルキャリア層(年収目安500万円未満)
ハイキャリア層(年収目安500万円以上)

正社員未経験あるいはブランク有りという場合は、札幌を地盤としている転職エージェント【ジョブキタ】がおすすめです。

一方、何らかの正社員経験があるのであれば、転職業界1位の【リクルートエージェント】、同2位の【doda】を利用したいところ。有料案件数が段違いだからです。

30代におすすめの転職エージェント【札幌版】

正社員未経験・ブランク有り
ミドルキャリア層(年収目安600万円未満)
ハイキャリア層(年収目安600万円以上)

上記のうち、全国展開している大手転職エージェントである【リクルートエージェント】【doda】はいずれも、大手・優良企業案件を数多く保有しています。そのような企業への転職を希望するのであれば、ぜひとも利用したいところ。

【ジョブキタ】【リージョナルキャリア北海道】の2社は、北海道特化の転職エージェント。大手・優良企業の案件は少ないものの、地元密着の案件を多く扱います。条件面にこだわらない人にはおすすめです。

40代におすすめの転職エージェント【札幌版】

正社員未経験・ブランク有り(年収500万円未満)
  • なし
ミドルキャリア層(年収目安500万円以上800万円未満)
ハイキャリア層(年収目安800万円以上)

札幌において、40代におすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】と【doda】の2社のみです。

なお、40代の正社員未経験・ブランク有りだとすると、残念ながら利用できる転職エージェントは札幌においてはありません。

この場合は転職サービス【ミイダス】に登録しましょう。Web登録後、企業から送られてくるオファーはすべて面接確約オファーです。書類選考をパスした状態からの先行スタートですから、内定が得られる可能性が劇的に高まりますよ。

ミイダスにはこちらの記事に詳しくまとめています。

ミイダスの登録の流れとデメリット|実際に使った感想

転職エージェントを複数掛け持ちすべき理由【札幌版】

札幌での転職活動において、転職エージェントは複数掛け持ちしたほうが有利に転職活動を進めることができます。その理由は次の3つです。

転職エージェントを複数掛け持ちすべき理由【札幌版】
  • 各転職エージェントのサービス内容が異なるから
  • 非公開求人・独占求人を紹介してもらえるから
  • 相性の良いキャリアアドバイザーに出会える確率が上がるから

理由1 サービス内容が異なるから

転職エージェントのサービスは、求人紹介、書類対策、面接対策等ありますが、それぞれの内容は転職エージェントにより異なります。

求人紹介において、求職者の希望に合致した求人のみを紹介してくれる転職エージェントもあれば、希望とは異なっていても内定がもらいやすそうな求人も紹介してくる転職エージェントもあります。

書類対策においても、求職者が作成した職務経歴書を添削するというサポートをしてくれる転職エージェント、職務経歴書作成のほとんどを代行してくれる転職エージェント、職務経歴書の書き方マニュアルを配付するだけの転職エージェントもあります。

面接対策については、1社目だけ模擬面接をしてくれる転職エージェント、すべての面接前に模擬面接をしてくれる転職エージェント、模擬面接を電話で簡易的に済ませる転職エージェント、模擬面接はせず面接の受け方マニュアルを配るだけの転職エージェント等。

このように、転職エージェントによって各サービス内容は異なります。そして、1つの転職エージェントですべてのサービスについて100%満足できることはまずありえません。

複数の転職エージェントを利用し、それぞれのサービスを組み合わせて利用することで初めて、求めている転職活動をすることができるのです。

理由2 非公開求人・独占求人を紹介してもらえるから

各転職エージェントとも、登録している一部の求職者にしか開示しない「非公開求人」や、その転職エージェントでしか取り扱っていない「独占求人」を保有しています。

このような求人案件は、誰もがアクセスできるわけではありませんから、必然的に応募者数が絞られ、競争率が下がります。つまり、内定を得やすい求人案件だということです。

できる限り多くの非公開求人・独占求人を紹介してもらうためにも、複数の転職エージェントを掛け持ち利用したいところですね。

理由3 相性の良いキャリアアドバイザーに出会える可能性が高まるから

転職エージェントのサポートは担当となるキャリアアドバイザーを通して提供されます。

どれほど評判の良い転職エージェントに登録しても、担当となるキャリアアドバイザーと相性が合わなければ満足のいくサポートサービスを受けることはできません。

もし、担当となったキャリアアドバイザーと相性が合わなければ、転職エージェント側に担当交代を依頼できます。

とはいえ、この交代回数は有限です。1つの転職エージェントにおいて、担当のキャリアアドバイザー交代依頼は3回が限度と認識しましょう。

どの転職エージェントも、このような交代依頼回数の限度は明示していませんが、業界の常識です。これ以上の交代依頼をしてくるような求職者はクレーマー扱いとされ、サポートの手を緩められてしまいます。

こういった事情もあるため、転職エージェントは複数を掛け持ち利用し、相性の合うキャリアアドバイザー数人といち早く出会えるようにしましょう。

転職エージェントから最高のサポートを引き出す3つのコツ【札幌版】

転職エージェントの求職サポートは、すべての登録求職者に均一のものではありません。人により、サポートの手厚さが異なるのです。

そこで、転職エージェントから最高のサポートを引き出せるようにするためのコツを3つ、ご紹介します。

転職エージェントから最高のサポートを引き出す3つのコツ【札幌版】
  • 面談はできる限り早く受ける
  • キャリアアドバイザーと信頼関係を築く
  • 推薦状を確認する

1つ目のコツ 面談はできる限り早く受ける

転職エージェントの公式サイトからWeb登録した後、転職エージェントのオフィスを訪れて面談を受けることにより、転職エージェントのサポートが開始されます。

この面談を早く受けることで、転職エージェントのサポートをより有効に引き出すことができます。

その理由は、Web登録直後に面談を受けるという姿勢により転職に対して本気であることが転職エージェント側に伝わり、サポートの優先度が上がるから。

転職エージェントは、「年齢相応以上の経験・スキルがあること」「転職希望時期が早いこと」「転職意欲が強いこと」という3軸で求職者を評価し、サポートを手厚くするか薄くするかを決めます。

Web登録直後に面談を受けるということは、「転職意欲が強いこと」を表現する行為であるため、転職エージェントの本気サポートを引き出しやすくなるのです。

2つ目のコツ キャリアアドバイザーと信頼関係を築く

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、通常数十名もの求職者を担当しています。

そして、これだけの人数に対して高水準のサポートを均一に行うことは物理的に不可能。どうしてもサポートの偏りが出てきてしまうのです。このような中、他の求職者よりも手厚いサポートを受けたいところ。

そのためには、キャリアアドバイザーと信頼関係を築くことがポイントとなります。信頼関係を築ければ、優先度を上げてもらえる可能性が高まるからです。

キャリアアドバイザーとの信頼関係を築くには、次の3点を意識すれば大丈夫です。

キャリアアドバイザーと信頼関係を築くために意識すること
  • 頻繁に連絡を取り合う(最低でも1週間に1回以上)
  • 絶対に嘘をつかない
  • アドバイスは素直に取り入れる

一つひとつを見れば大したことないように思えるかもしれません。しかし不思議なことに、これら3点を実践できる求職者はほとんどいないのです。

Web登録・面談直後のモチベーションが高まっている時期だけでなく、転職が決まるまでの間は、上記3点を常に意識するようにしましょう。

3つ目のコツ 推薦状を確認する

転職エージェントのキャリアアドバイザーが求職者を企業に紹介する際、推薦状を添付することが通常です。この推薦状はぜひともチェックしたいところです。

推薦状には、キャリアアドバイザーが考えるその求職者の強みが書かれています。企業の採用担当者の心をくすぐるような、魅力的なアピールがされているのです。

当然、面接では推薦状に記載された強みについて詳細に質問されます。つまり、面接対策の一環として推薦状はチェックするべきなのです。

なお、すべての書類応募段階で推薦状を求める求職者がいますが、これはキャリアコンサルタント側からウザがられるのでやめましょう。

推薦状確認依頼をするのは、書類選考を通過し、面接選考対策をする段階になってからです。

転職エージェントを使わないことのデメリット【札幌版】

札幌での転職活動において、転職エージェントを使わないことのデメリットとはどのようなものでしょうか。以下、わかりやすく説明します。

転職エージェントを使わないことのデメリット【札幌版】
  • 現実からズレた転職活動になる可能性がある
  • 公開されている競争率の高い求人案件にしか応募できない
  • 応募など面倒な手続きをすべて自分で行わなければならない
  • 万全の対策を講じているライバルと自力で戦わなければならない
  • 面接後のフォローが弱い
  • 条件交渉が厳しい

デメリット1 現実からズレた転職活動になる可能性がある

現実からズレた転職活動を行うと、間違いなくその転職活動は失敗してしまいます。内定が決まらなかったり、条件の悪い企業に転職してしまったり、という具合に。

現実からズレた転職活動とは、例えば次のようなものです。

現実からズレた転職活動の例
  • 自分の強みを生かせるような求人案件に応募しない
  • 自分の転職市場価値を見誤り(過大評価・過小評価)、転職市場価値に見合わない求人案件に応募してしまう

そして、「強み」や「転職市場価値」といった「現実」は、求職者が独りで考えたところで正確に把握できるものではありません。

なぜなら、こういった「現実」は、社会情勢や業界状況といった他者事情やタイミングによっても、その評価が変わってくるからです。

この点、転職のプロである転職エージェントに任せれば、多種多様な保有データからあなたの正確な「現実」を弾き出してくれます。

そして、現実の即した転職活動を進めることができるようになるのです。

デメリット2 公開されている競争率の高い求人案件にしか応募できない

転職エージェントは、登録をしている一部の求職者にしか公開しない「非公開求人」、その転職エージェントのみが取り扱っている「独占求人」を有しています。

これらはアクセスできる求職者が限られていることから、応募競争率は低い傾向にあります。つまり、求職者からすれば美味しい求人なのです。

転職エージェントに登録しなければ、こういった「非公開求人」「独占求人」に応募することはできません。

デメリット3 応募など面倒な手続きをすべて自分で行わなければならない

転職活動は、手間と時間がかかるものです。

求人探し、応募書類作成、応募、面接対策、条件交渉等…考えるだけでも気が遠くなりますよね。

ところで、転職活動において何より大切なことは、転職先が決まるまでは現職をやめないといこと。

現職をやめる、つまり失業状態で転職活動を行うと、次のような大きなデメリットがあるからです。

失業状態で転職活動を行うデメリット
  • 企業から低評価を受けて内定が出づらくなる(懲戒解雇、性格面の問題、体調面の問題等、ネガティブな想像をされてしまうため)
  • 無休状態となるため精神的に追い込まれ、家庭不和につながることも

転職活動は働きながら進めなければなりませんが、これは大きな負担になります。

転職エージェントを利用していれば、このような面倒な転職活動作業の大半を無料で代行してもらえます。

しかし、転職エージェントを利用していないとすると… 転職活動の1つ1つを適当に行ってしまい内定が得られなかったり、あまりに面倒臭さに転職自体を諦めて知ったりすることも。

デメリット4 万全の対策を講じているライバルと自力で戦わなければならない

転職エージェントを利用すると、万全の選考対策を講じてもらえます。

なぜなら、転職エージェントは求人企業の様々な情報を持っているため、どうすれば選考を通過できるのか把握しているからです。

例えば面接対策について、転職エージェントは過去の面接での質問内容と、採用に至った回答と至らなかった回答を把握しています。

また、面接選考で毎回必ず質問されること、そしてどのように回答すれば面接官受けが良いのかもわかっています。

こういった情報を踏まえ、模擬面接などでサポートしている求職者に対して面接対策を講じていきます。

このような万全の選考対策を講じている求職者に勝たなければ内定を手にすることはできません。

転職エージェントを利用せずに勝てるでしょうか?

デメリット5 面接後のフォローが弱い

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、担当している求職者が面接選考を受けた後、求職者に面接選考の手応えを確認します。

そしてそれを踏まえ、面接選考を行った採用担当者に連絡を入れ、求職者を猛プッシュするのです。

このキャリアアドバイザーのプッシュの効果は絶大で、ボーダーライン上にいた求職者がプッシュにより内定に転がるケースは多々あります。

転職エージェントを利用しない場合、このようなプッシュはできません。個人ではせいぜい、面接選考を受けたことに対する感謝メールを送る程度でしょう。

真面目さは伝わるかもしれませんが、キャリアアドバイザーのプッシュのような選考を左右するほどの効果は期待できません。

デメリット6 条件交渉が厳しい

就業後の給与・待遇等に関する条件交渉。

これをしっかりと行わず、企業側の提示する条件を鵜呑みにしてしまうと、転職後に「こんなはずじゃなかった」と悔やむことになるかもしれません。

大事な条件交渉ですが、やはりその難易度は高い。いつ、どのように、どこまで交渉するのか。百戦錬磨の企業の採用担当者に対して挑まなければならないのです。

この点、転職エージェントを利用していれば、このような難しい条件交渉も転職エージェントが代行してくれます。求職者側は、希望をキャリアアドバイザーに伝えておけばいいだけ。

転職エージェントを利用していない場合は、条件交渉は自分で行わなければなりません。あるいは、条件交渉を諦めるということになるでしょう。

札幌の求人特性をチェック

業務独占資格

札幌では、どのような求人が出ているのでしょうか。

札幌の求人案件の業種別割合

業種 求人割合
IT・通信系 25%
メーカー系(電気・電子・機械系) 9%
メーカー系(素材・医薬品他) 11%
商社系(電気・電子・機械系) 7%
商社系(総合商社・素材・医薬品他) 11%
流通・小売系 13%
サービス系 40%
専門コンサル系 21%
マスコミ系 7%
金融・保険系
5%
不動産・建設系 26%
その他 19%

札幌の求人で特徴的なことは、「サービス系」の割合が全国平均である22%を大幅に上回っているということです。

ちなみに、上記「サービス系」とは次の業種を意味します。

上記「サービス系」の小分類業種
  • 職業紹介・人材派遣
  • ホテル・旅行
  • レジャー・アミューズメント・スポーツ施設
  • フードサービス・飲食
  • 警備・メンテナンス・清掃
  • 理容・美容・エステティック
  • 医療・福祉関連
  • 冠婚葬祭業

これら「サービス系」業界への転職を希望する場合、札幌はとても探しやすい土地であるといえるかもしれません。

札幌の求人案件の職種別割合

職種 求人割合
営業 30%
事務・管理 15%
企画・マーケティング・経営・管理職 5%
サービス・販売・外食 14%
Web・インターネット・ゲーム 1%
クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン) 2%
専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産) 7%
ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ) 17%
エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御) 6%
素材・化学・食品・医薬品技術職
1%
建築・土木技術職 18%
技能工・設備・交通・運輸 7%
医療・福祉・介護 2%
教育・保育・公務員・農林水産・その他 3%

札幌の求人職種で特徴的なことは、「サービス・販売・外食」の割合が多いということです。

「業種別割合」において「サービス系」業界が多かったと前述しましたが、職種においてもサービス関連の割合が高いという結果に。

札幌では、サービス業界において、実際にサービスを提供する現場人材が多く求められていることがわかりますね。

北海道の平均年収

都道府県 全体平均 男性平均 女性平均
宮城県 385万円 419万円 316万円
福島県 383万円 413万円 299万円
岩手県 382万円 404万円 323万円
北海道 373万円 404万円 313万円
秋田県 371万円 400万円 300万円
山形県 367万円 396万円 303万円
青森県 365万円 386万円 312万円

参照:doda平均年収ランキング

北海道・東北地方において、北海道の平均年収は4位ですが、1位の宮城県と年収12万円しか差がありません。

年収アップを目指して他の地域へ移ろうという場合は、北海道・東北地方ではなく、平均年収435万円という関東まで足を伸ばしたほうがいいかもしれません。物価の問題はありますが。

まとめ|札幌のおすすめ転職エージェント状況別比較

30代転職で有利になれる資格12選

いかがでしたか? 札幌でおすすめの転職エージェント4社を、一覧でまとめました。

リクルートエージェント
  • 業界最大手の転職エージェント。
  • 大手企業・優良企業の案件が豊富。
  • ミドルキャリア層・ハイキャリア層の転職成功実績は圧倒的。
doda
  • リクルートエージェントに次ぐ業界2位の転職エージェント。
  • 紹介される求人案件数は業界最多と評判。
  • すべての層に対応できるサポート力も強み。
ジョブキタ
  • 北海道特価の転職サービス。
  • 地元の初心者可能案件を保有。
  • 建築・土木系、倉庫・物流系、飲食・フード系に強い。
リージョナルキャリア北海道
  • 北海道特化の転職サービス。
  • 地元企業の求人に強い。
  • 年収700万円以上の案件も保有。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。