ナマケモノ

リクルートエージェントとリクナビNEXT。どっちもリクルート系だってことはわかるけれど、何が違うんだろう。私はどっちを使うべき?

現役転職アドバイザーが、リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いについて、それぞれのメリット・デメリットを交えて解説します。あなたにはどちらが合っているでしょうか?

リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い

リクルートエージェントとリクナビNEXTはいずれも、株式会社リクルートキャリアにより運営されている転職サービスです。

この2サービスの違いは次のとおりです。

リクルートエージェント リクナビNEXT
サービス形態 転職エージェント 転職サイト
求人案件数 約150,000件 約9,000件
サポート担当者 いる いない
サポート内容 キャリア診断、求人紹介、書類・面接選考対策、スケジュール管理、条件交渉等 無し
必要な手続き Web登録&面談 Web登録のみ

リクルートエージェントとリクナビNEXT、それぞれにメリットとデメリットがあり、利用すべき求職者のタイプも異なります。

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントの特徴を、メリットとデメリットに分けて簡潔に説明します。

リクルートエージェントのメリット
  • キャリアアドバイザーから多数の優良案件を紹介してもらえるため、自分で求人案件を探す必要がない
  • 大手企業・優良企業の案件が豊富
  • キャリアアドバイザーが応募企業ごとに選考対策をしてくれるため、選考通過率が非常に高い

求職者の負担は最小限でありながら転職成功率が高いというのが、リクルートエージェントなのです。

リクルートエージェントのデメリット
  • サポート期間が3ヶ月間しかない
  • 採用見込みの低い案件には応募できない
  • キャリアが弱いとサポートを受けられない

リクルートエージェントは採用効率性を重視し、短期間で転職成功という結果につなげようとします。このため、内定がもらえそうな人材を、内定が出そうな企業に紹介する傾向があります。

よって、例えば未経験職への挑戦はあまり推奨しませんし、正社員経験がないような求職者に対しては求人紹介はしてくれません。

リクナビNEXTの特徴

続いて、リクナビNEXTのメリットとデメリットです。

リクナビNEXTのメリット
  • 全ての掲載企業に応募できる
  • 自分のペースで転職活動を進められる

例えば、スキル不足等の理由で内定を得ることが難しい場合、リクルートエージェント利用ではその案件を紹介してもらえないことがあります。

しかしリクナビNEXTは自分自身で応募するものなので、そのような求人案件にも応募することができます。

このように、自由度の高い転職活動をすることができるということが、リクナビNEXTのメリットと言えます。

リクナビNEXTのデメリット
  • ブラック企業の案件が含まれている
  • サポートがないため自力で転職活動をしなければならない

掲載枠や地域にもよりますが、企業がリクナビNEXTに求人掲載をする場合は10万円台という比較的安価な掲載料から可能です。このような手軽さから多くの企業が求人募集をリクナビNEXTに掲載します。

こういったことから、資金力に乏しいブラック企業の案件も若干数入っています。これを見分けるために自力での情報収集が求職者側に求められます。

さらには、これが最も大きなデメリットですが、リクナビNEXTは転職エージェントではないため、選考対策等は自力で行わなければなりません。

キャリアアドバイザーによってバッチリ対策をしてきたライバルと比較されるのです。彼らに勝って内定を得るためには、相当の努力と運が必要でしょう。

リクルートエージェントとリクナビNEXTのどっちを使う?

上記を踏まえ、リクルートエージェントとリクナビNEXTのどちらを使うべきか、3つの場合に分けて説明します。

未経験職への転職を目指す場合

未経験職への転職を目指す場合は、リクナビNEXTの利用がおすすめです。

リクナビNEXTは自分自身で求人案件を探し、自分自身で応募するため、応募の自由度が高いからです。

一方、リクルートエージェントを利用した場合には、内定を得られる可能性が低い未経験職への応募は難しくなります。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、3ヶ月間という限られた期間内で確実に転職を実現しようと動く、つまり効率性を重視するからです。

内定がなかなか出ずに転職活動が長期化しても構わない。とにかく自分のやりたい仕事(未経験職)に挑戦したいということであれば、リクナビNEXTを使いましょう。

とにかく早く転職をしたい場合

とにかく早く転職をしたいという場合は、リクルートエージェントの利用がおすすめです。

キャリアアドバイザーのサポートにより、内定が得やすそうな求人案件に応募し、万全の対策を講じて選考に臨めるため、選考通過率が非常に高いからです。

前述のとおり、リクルートエージェントにはサポート期間3ヶ月という縛りがありますから、キャリアアドバイザーも必死です。短期間で効率よく転職できるようなシステムになっているのです。

逆に、応募の自由度が高く、自力での選考対策が求められるリクナビNEXTの場合は、選考を通過できない率がどうしても高くなってしまいます。

その結果、リクルートエージェント利用時と比較すると、転職活動が長期化してしまう傾向があるため、早く転職をしたい場合には不向きです。

急ぎではないが良い求人があれば転職したい場合

「今すぐには転職しようとは思っていないが、良い求人があれば考えてみたい」という場合には、リクナビNEXTがおすすめです。

自分のペースで求人を探して応募できますし、希望すれば企業からのスカウトを受けることも可能。

自由度の高い転職活動ができるという特長がリクナビNEXTにはあるからです。

なお、リクルートエージェントは3ヶ月間というサポート期間の縛りがあり、さらにはリクルートエージェントのオフィスに面談を受けにいく手間と時間もかかるため、転職意思が強くない人には不向きです。

まとめ|リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い

リクルートエージェントは、手厚いサポートをしてもらえるけれども自由度が少ないです。

リクナビNEXTは、マイペースで好きなように転職活動も応募もできますが、すべて自力で乗り切らなければなりません。

あなたはどちらですか?

リクルートエージェント、リクナビNEXTとも、各公式サイトからの登録になります。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。