フクロウ

リクルートエージェントの面談ってどうなっているんだろう。持ち物や服装、準備することなど気になるな。実際の体験談なんかも知りたい。

現役転職アドバイザーが、リクルートエージェントの面談の流れや事前準備、持ち物等について解説。利用者の実際の体験談も掲載しています。

※この記事は5分ほどで読み終わることができます。5分後、リクルートエージェントの面談に関するあなたの疑問はスッキリ解消しているはずです。

リクルートエージェントの面談の流れ

ではさっそく、リクルートエージェントの面談の流れを見てみましょう。

リクルートエージェントの面談の流れ
  1. 担当キャリアアドバイザーとの挨拶
  2. 転職理由とキャリアプランの確認
  3. キャリアの詳細確認
  4. 職務経歴書の添削
  5. 求人紹介

流れ1 担当キャリアアドバイザーとの挨拶

案内された個室で待っていると、担当のキャリアアドバイザーが1名入室。軽い挨拶とともに、名刺をもらいます。

その後、リクルートのオフィスまでの経路やその日の天気など、軽い話がありました。短時間ですが、アイスブレイクの一貫でしょう。

流れ2 転職理由とキャリアプランの確認

転職理由について、質問されます。キャリアアドバイザーは業種・職種に精通しているため、業種・職種の現実を踏まえた詳細な質問をされます。

今後のキャリアプランについても考えを聞かれます。キャリアプランが具体的に定まっていない場合は、キャリアアドバイザーが過去の事例をもとにプラン案を提示してくれることもあります。

流れ3 キャリアの詳細確認

キャリアアドバイザーからキャリア・経歴について質問されます。

実績値や具体的な成功事例において回答を求められます。これに答えると、それらが業種・職種において客観的にどのような評価を得られるのか、ということを教えてくれます。

また、転職回数が複数回ある場合、キャリアアドバイザーから、どのような職種がメインキャリアであるかということを探ろうという質問・確認をされます。

そして、転職回数の多さを強みに変換できるようなアドバイスももらえることもあります。メモ必須です。

流れ4 職務経歴書の添削

履歴書・職務経歴書に関して、キャリアドアイザーに添削をしてもらえます。

自己PR、志望動機、職歴といった職務経歴書の各コンテンツについて詳細に添削してくれることはもちろんですが、それ以上に、職務経歴書全体として何が強みとして一本筋が通っているのかということを重視したアドバイスをしてくれるようです。

また、各企業ごとに職務経歴書をカスタマイズするというよりは、すべての応募に利用できるような汎用性の高い職務経歴書を仕上げるということに重点が置かれているようです。

流れ5 求人紹介

キャリアアドバイザーより、A4サイズの求人票をごそっといただけます。それこそ、人によっては数十枚に及ぶこともあります。

本来、面談内で気になる求人票の内容についてキャリアアドバイザーに質問したいところですが、求人票が多すぎるためすべてに目を通している時間がないということも多いです。持ち帰り、しっかりとチェックしましょう。

求人票で気になることがあれば、キャリアアドバイザーに後日質問できますので問題ありません。

リクルートエージェントの面談における注意点

続いて、リクルートエージェントの面談における注意点をチェックです。

リクルートエージェントの面談における注意点
  • 事前準備はしっかりと!
  • 持ち物・服装について

注意点1 事前準備はしっかりと!

リクルートエージェントの面談の事前準備とは、「希望条件の優先順位付け」「履歴書・職務経歴書の作成・提出」です。

「希望条件の優先順位付け」をしておかないと、面談でのキャリアアドバイザーのアドバイスが耳に入ってきません。「現実はそうかも知れないけど、これが希望だし…」というような事が起こりえます。

また、「履歴書・職務経歴書の作成・提出」をしておかないと、なんのために面談を受けに行く意味が半減します。履歴書・職務経歴書を添削してもらうことが、面談の大きな意味の一つだからです。

ところで、履歴書・職務経歴書ですが、これはリクルートエージェントの会員ページ内で作成します。履歴書は「パーソナルデスクトップ」、職務経歴書は「レジュメnavi」で作成するのです。

これらで履歴書・職務経歴書が作成完了したら、その時点でリクルートエージェント側にデータが行きます。つまり提出完了ということになります。

なお、すでに履歴書・職務経歴書を作成済みであるという場合は、そのデータをメール添付でキャリアアドバイザーに送っておきましょう。

注意点2 持ち物・服装について

面談時の持ち物は、次の5点です。

面談時の持ち物
  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • A4ファイル(A4サイズの求人票をもうらうことがあるため)
  • 筆記用具
  • メモ帳

履歴書と職務経歴書は、前述のとおり提出済み。ですが、さらにプリントアウトして持参するのがベターです。というのは、キャリアドバイザーの添削箇所を直接書き込むことができるからです。

服装は、スーツもしくはオフィスカジュアルです。

私服OKという案内が来ますが、実際にカジュアルな服装で訪れる人はいません。社会人経験があれば当然ですよね。

リクルートエージェントの面談を実際に受けてきた感想【東京本社版】

キャリポリのスタッフが、リクルートエージェントの面談を東京本社で実際に受けたことがあったということで、その感想を次のとおりご紹介します。

ナマケモノ

東京駅からすぐの場所にあるので、丸の内の雰囲気的にスーツで行ってよかった。もし普段着で来ていたら場違い感が半端ないと思った。

面談ブースはシックな雰囲気の個室。机などの什器や内装にそこそこのお金がかかっている感じ。広くはないが、面談を受けるには十分。

以前に他の転職エージェントで作成していた履歴書と職務経歴書を持参した。面談では持参した職務経歴書のみが使われた。

キャリアアドバイザーは30代半ばと思われる落ち着いた雰囲気の男性。穏やかに話してくれるため、こちらも緊張することなく自然体で話すことができた。リクルートエージェントには中途入社で、その前は私と同じ業界にいたと自己紹介された。

キャリアアドバイザーの持っている情報量に驚かされた。仕事内容についてはもちろん、業界内の主要企業の内部情報についても教えてくれた。反面、自分の情報量の少なさ、考えの未熟さについても思い知らされた。

今後のキャリアプランについては、私の希望を肯定してくれた。しかし、後で思い返してみると、現実の厳しさについて実に具体的に説明してくれていたため、希望を見直すようにやんわりと仕向けられたのかもしれない。

転職回数が多い(30代前半で3回転職)理由について私が説明すると、「なるほど…」と一瞬間があったのには少し焦った。しかし否定的な話はなかったのでホッとした。

面談後半に、求人票を20枚ほど出してくれた。そのうち数枚について簡単な説明があったが、さすがにその場で応募するとは言えなかった。

面談時間は1時間10分ぐらい。濃密で、あっという間の面談だった。

面談を受けたことで、自分をどのように企業に売り込めばいいのかが根拠を持って理解できた。また、長期的なキャリアプランの重要性もわかった。

このように、当スタッフの面談満足度はかなり高かったそうです。

リクルートエージェントの面談に関するよくある質問

30代未経験でも転職できる?

質問1 面談対応可能な時間帯は?

平日は10時~19時30分、土曜日は10時~18時、日曜日は10時~17時です。在職中に転職活動をする場合、土日に面談を受けられるのはありがたいですね。

質問2 対面での面談と電話面談との違いは?

通常の(対面での)面談と電話面談とでは、所要時間、面談内容が次のように異なります。

対面での面談 電話面談
所要時間 1時間~2時間 30~60分
面談内容 希望条件、キャリアプラン、職歴詳細、求人紹介 事前に提出した履歴書・職務経歴書内容の確認

このとおり、電話面談は通常の対面での面談の超簡易版です。

キャリアアドバイザーからの本格的なサポートを受けたいのであれば、できる限り対面での面接を受けましょう。

質問3 面談のキャンセルや延期は可能?

もちろん可能です。メールもしくは電話で連絡を入れておけば問題ありません。

質問4 どのような職種への転職希望でも面談してもらえる?

業界最大手のリクルートエージェントといえど、一部の職種に対しては案件数が少ない、あるいは取り扱っていないということがあります。

以下は、リクルートエージェント公式サイトから引用したものです。

取り扱いが非常に少ない職種
  • 新卒者など就業経験をお持ちでない方の求人
  • 一貫したキャリア、専門知識や経験を必要としない求人
  • 管理職経験が不要な管理職求人
  • コピーライター、インテリアコーディネーター、芸能関連の求人
  • 医師、教師、塾講師、販売店員、放送関連、公務員、非営利団体、公益法人の求人
  • サービスの職業:理容師、美容師、エステティシャン、調理、ホテル接客、ビル管理人、旅行添乗員など
  • 保安の職業:自衛官、警察官、消防官、警備員など
  • 農林漁業の職業:植木職、造園師など
  • 運輸・通信の職業:運転手、パイロット、車掌、郵便配達、電話交換手など
  • 生産工程・労務の職業:製造オペレーター、組立・修理工、整備士、設備運転士、清掃員など
取り扱っていない職種
  • 一般派遣の登録の募集
  • 建設・港湾運送業務
  • 船員の求人

これらの職種への転職を希望する場合は、リクルートエージェント利用は不向きです。【リクナビNEXT】等の転職サイトに登録し、自ら積極的に求人を探していきましょう。

質問5 面談で担当のキャリアアドバイザーとの相性が合わないと感じてしまったら?

リクルートエージェントサイト内の問い合わせページから変更依頼をすることができます。

なお、キャリアアドバイザーの担当変更は日常茶飯事ですから、変更依頼を出すことに気まずさを覚える必要はまったくありません。

質問6 面談を断られるケースとは?

サポートをしても内定が得られないであろうという求職者は、面談を実施してもらえない可能性があります。

例えば、年齢相応のキャリアがない、キャリアと比較して希望が高すぎるという場合です。

また、前述の「取り扱いが非常に少ない職種」「取り扱っていない職種」を希望している求職者も断られる可能性が高いです。

まとめ|リクルートエージェントの面談

上記をまtめます。

リクルートエージェントの面談の流れ
  1. 担当キャリアアドバイザーとの挨拶
  2. 転職理由とキャリアプランの確認
  3. キャリアの詳細確認
  4. 職務経歴書の添削
  5. 求人紹介
リクルートエージェントの面談における注意点
  • 事前準備は「希望条件の優先順位付け」と「履歴書・職務経歴書の作成・提出」
  • 持ち物は、履歴書、職務経歴書、A4ファイル、筆記用具、メモ帳の5点

なお、リクルートエージェントへの登録は、【リクルートエージェント公式サイト】からになります。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。