名古屋には数多くの転職エージェントが拠点を構えています。

その中で、実績・評判とも最高レベルである名古屋の転職エージェントを4社厳選しました。

あなたが名古屋で転職を成功させるためにはどの転職エージェントを使うべきなのかが、明確におわかりいただけると思います。

【年代別】名古屋のおすすめ転職エージェント

転職

名古屋でおすすめしたい転職エージェントについて、年代とキャリアを分けてご紹介します。

年代は【20代・30代・40代】、キャリアは【未経験・ミドルキャリア・ハイキャリア】に分類しました。

20代におすすめの転職エージェント【名古屋版】

正社員未経験・ブランク有り
ミドルキャリア層(年収目安500万円未満)
ハイキャリア層(年収目安500万円以上)

該当する転職エージェントはいずれも登録したいところですが、何らかの理由により1社しか登録したくないということもあるかもしれません。

その場合は、正社員未経験・ブランク有りであれば取り扱い求人数が多い【doda】、ミドルキャリア層・ハイキャリア層であれば実績が圧倒的な【リクルートエージェント】にしておきましょう。

30代におすすめの転職エージェント【名古屋版】

正社員未経験・ブランク有り
ミドルキャリア層(年収目安600万円未満)
ハイキャリア層(年収目安600万円以上)

まずはじめに登録したいのは、サポートの質・量の観点から、正社員未経験・ブランク有りなら【doda】、ミドルキャリア層なら【パソナキャリア】、ハイキャリア層なら【JACリクルートメント】がおすすめです。

40代におすすめの転職エージェント【名古屋版】

正社員未経験・ブランク有り(年収500万円未満)
  • なし
ミドルキャリア層(年収目安500万円以上800万円未満)
ハイキャリア層(年収目安800万円以上)

ミドルキャリア層の【リクルートエージェント】、ハイキャリア層の【JACリクルートメント】は、何がなんでも登録しておきたいところ。

プロフェッショナルなサポートで、厳しいといわれる40代転職もしっかりと成功に導いてくれるでしょう。

転職エージェントを使わないことのデメリット5つ【名古屋版】

30代で転職を失敗しないための注意点

転職で望ましい結果を得たいのであれば、転職エージェントを利用することをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントを使わないと次のような深刻な問題があるからです。

デメリット1 希望と現実とのズレに気付かない

自分自身の転職市場価値を正確に把握することは、転職活動においては極めて重要です。

もし自身を過大評価してしまえば、実力に見合わない好条件案件ばかりを求めるようになります。当然、いくら応募しても内定は出ません。

逆に、自身を過小評価していた場合は、転職により本来得られるべき給与やポジションをのがしてしまうかもしれないのです。

こうして、自分自身の転職市場価値を把握できていなかったことにより、希望と現実とのズレという不幸が起きてしまうのです。

ところで、転職市場価値の判断は、転職の素人である一般人には極めて困難です。

価値は需給関係で決まりますが、自分がどのような価値(スキル・知識)を持っていて、どれほどの企業がそれを求めているのかということは、容易にわかるものではありません。

やはり、転職のプロである転職エージェントのキャリアアドバイザーの診断が必要となってしまうのです。

今すぐ自分の転職市場価値を知りたい場合

転職エージェントに分析してもらうほどの正確性はないかもしれませんが、今すぐ無料で自分の転職市場価値を測る方法があります。

それは、転職サイトのミイダスを利用することです。

ミイダスの公式サイトからWeb登録すると、あなたの転職市場価値が「想定年収」という形で表示されます。

求人応募において、表示されている想定年収近辺の給与を得られる求人に応募すれば、大外れすることはないという使い方ができるのです。

ミイダスについてはこちらの記事にまとめましたので、チェックしてみてくださいね。

ミイダスの登録の流れとデメリット|実際に使った感想

デメリット2 競争率の高い求人にしか応募できない

自力で求人応募をすることができるのは、一般に公開されている求人案件となります。

このような公開求人案件は、誰でも応募することが可能であるため、競争率が極めて高いのです。数十倍は当たり前で、案件によっては100倍を超えることもあります。

一方、転職エージェントを利用した場合は、転職エージェントが非公開で保有している求人、独占して保有している求人を紹介してもらうことができます。

こういった非公開求人・独占求人は、限られた求職者にしか開示されないため、競争率は公開求人と比べると劇的に低い。つまり、ライバルが少なく選考を通過しやすいのです。

転職エージェントを利用しないと、非公開求人・独占求人には応募できず、競争率の高い公開求人に挑まざるを得ないという状況になってしまいます。

デメリット3 面倒な手続きを自分でしなければならない

転職活動は非常に手がかかります。例えば求人への応募。

いまだに郵送による応募書類送付が一般的ですが、履歴書と職務経歴書を作成し、添え状もつけ、封筒に入れて郵送する一連の行為がどれほど面倒であるかはおわかりでしょう。

面倒だからと後回しにしてしまっては、深刻な機会損失に繋がります。転職活動において、「遅い」ということは命取りなのです。

1、2社程度であればなんとかなるかもしれませんが、これを何十社分もやらなければならないとしたら、私だったら発狂します。

なお、転職エージェントを利用すれば、こういった面倒なこと一切を代行してもらえます。

デメリット4 選考対策が圧倒的に不足してしまう

転職エージェントを利用しない場合、書類選考対策・面接選考対策は自分自身で行わなければなりません。

一方、転職エージェントのキャリアアドバイザーから指導を受けて応募書類を作り、添削を受け、面接対策では模擬面接もしてもらう求職者もいます。

転職活動では、このように万全の態勢で臨んでくるライバルと戦うことになるのです。

果たして勝てるでしょうか?

デメリット5 条件交渉が難しい

転職エージェントを利用した場合、内定前後に転職後の条件交渉が入ります。もちろん、条件交渉は転職エージェントが代行してくれます。

転職エージェントを利用しない場合、条件交渉の場が設けられることはありません。ごく稀にですが、最終面接の場で条件を提示されることがあるぐらいです。内定が出ていないこの場で条件交渉をすることがいかに難しいかはおわかりでしょう。

このように、転職エージェントを使わない場合、条件交渉が難しくなるというデメリットが生じるのです。

条件交渉(オファー面談)については、こちらにもまとめていますのでよろしければ。

オファー面談とは?確認事項、服装、辞退の仕方まで【スッキリ解決】

転職エージェント利用時の4つの注意点|ブラックリスト入りしないために【名古屋版】

転職エージェントへの対応次第で、転職エージェント内のブラックリストに登録されてしまうことがあります。

こうなると、その転職エージェントからは適切な転職サポートは受けることができなくなってしまいます。

転職エージェントのブラックリストに入らないようにするために、次の5点に注意してください。

注意点1 すべてをキャリアアドバイザーに依存しない

転職活動に関するあらゆることをキャリアアドバイザー任せにすると、転職エージェントのブラックリスト入りしてしまう可能性があります。

なぜなら、キャリアアドバイザーは通常、数十名もの求職者を担当しているため、1人に対してだけ多くの労力と時間を割くということはできないからです。

例えば、職務経歴書の作成。

かつて自分自身で書いた職務経歴書をキャリアアドバイザーに渡し、「これを参考にして、私の職務経歴書を作ってください」という求職者がいます。これは、キャリアアドバイザーに依存しすぎです。

続いて、面接対策。

いくらキャリアアドバイザーが過去の面接情報を持っているといっても、「面接で質問されそうな内容とその答えをまとめてください」というのも依存しすぎです。

このように思考停止状態で、キャリアアドバイザーを使うことしか考えていないような求職者は、転職エージェント内でブラックリスト入りしてしまい、まともなサポートを受けられなくなるでしょう。

注意点2 積極性を見せる

転職活動に消極的な求職者も、ブラックリスト入りしてしまう可能性があります。

求職者の消極性は、次のような行動から判断されます。

求職者の消極性がわかる行動例
  • Web登録後、一向に面談に来ない
  • 転職希望時期が3ヶ月以上後
  • メール・電話での連絡がとれない、あるいはレスポンスが悪い

転職エージェントはボランティアではありません。お金にならなさそうな人材に対しては塩対応にならざるを得ないのです。

注意点3 希望条件外の案件を紹介されても冷静に対応する

キャリアアドバイザーがどれだけ求人案件を紹介しても、ひたすら応募を拒否する求職者がいます。

このような場合、「わがまま」「やる気なし」とみなされてブラックリスト入りします。

なお、キャリアアドバイザーから紹介される求人案件が希望条件と異なるため応募しないということもあるでしょう。

その場合は、そのようにキャリアアドバイザーに伝えなければなりません。何も言わずに応募拒否だけしていては真意が伝わらず、前述の低評価をつけられてしまうからです。

注意点4 キャリアアドバイザーの変更を何度も繰り返さない

担当のキャリアアドバイザーと相性が合わない場合は、担当交代を依頼しなければなりません。

ただし、この交代依頼が何度も続くと、求職者側に問題があると思われます。目安としては、1つの転職エージェントでキャリアアドバイザー交代は3回が限度でしょう。

名古屋の求人特性をチェック

名古屋では、どのような求人が出ているのでしょうか。名古屋の業種別・職種別求人割合をまとめました。

名古屋の求人案件の業種別割合

業種 求人割合
IT・通信系 20%
メーカー系(電気・電子・機械系) 11%
メーカー系(素材・医薬品他) 10%
商社系(電気・電子・機械系) 8%
商社系(総合商社・素材・医薬品他) 11%
流通・小売系 12%
サービス系 36%
専門コンサル系 17%
マスコミ系 7%
金融・保険系
4%
不動産・建設系 25%
その他 23%

「IT・通信系」「サービス系」「不動産・建設系」が多く、「商社系(電気・電子・機械系)」「マスコミ系」「金融・保険系」が少ないという構成です。

これは全国平均とほぼ同様であり、名古屋という地域ならではの傾向は特に見られません。

名古屋の求人案件の職種別割合

職種 求人割合
営業 29%
事務・管理 14%
企画・マーケティング・経営・管理職 4%
サービス・販売・外食 11%
Web・インターネット・ゲーム 1%
クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン) 2%
専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産) 8%
ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ) 15%
エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御) 10%
素材・化学・食品・医薬品技術職
1%
建築・土木技術職 15%
技能工・設備・交通・運輸 7%
医療・福祉・介護 2%
教育・保育・公務員・農林水産・その他 3%

全国平均よりも大幅に少ないのが「Web・インターネット・ゲーム」と「クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイン)」です。

愛知県の平均年収

都道府県 全体平均 男性平均 女性平均
静岡県 410万円 443万円 327万円
愛知県 405万円 444万円 328万円
三重県 398万円 436万円 320万円
岐阜県 386万円 422万円 309万円

参照:doda平均年収ランキング

名古屋のある愛知県の平均年収は、東海地方の中では静岡県に次いで2番目です。僅差であることから、年収アップを目的として静岡での転職に拘る必要はないでしょう。

まとめ|名古屋のおすすめ転職エージェント状況別比較

いかがでしたか? 名古屋でおすすめの転職エージェント4社を、一覧でまとめました。

リクルートエージェント
  • 業界最大手の転職エージェント。
  • 大手企業・優良企業の案件が豊富。
  • ミドルキャリア層・ハイキャリア層の転職成功実績は圧倒的。
doda
  • リクルートエージェントに次ぐ業界2位の転職エージェント。
  • 紹介される求人案件数は業界最多と評判。
  • すべての層に対応できるサポート力も強み。
パソナキャリア
  • 履歴書・職務経歴書といった応募書類の書き方から、企業ごとの面接アドバイスなど幅広いサポートが特長。
  • オリコンの顧客満足度ランキング総合1位。
  • ハイキャリア層の対応にも定評がある。
JACリクルートメント
  • キャリアや年収をアップさせたいという、ハイクラス特価の転職エージェント。
  • 企業側の内部情報を細部にわたり開示してもらえるため、書類・面接選考対策が捗り、選考通過率が非常に高い。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。