シマウマ

転職サイトっていろいろあるけど、結局どれを使えばいいのかわからない。本当におすすめできる転職エージェントだけ教えてほしい。

現役転職アドバイザーが、本当におすすめできる転職サイトを厳選し3つだけ紹介。これ以上は必要ないといえるほどの3サイトですのでチェックしてみてくださいね。

本当におすすめできる転職サイト3選

本当におすすめできる転職サイトとは次の3つです。おすすめする理由とともに解説します。

本当におすすめできる転職サイト3選

おすすめ転職サイト1 リクナビNEXT

リクナビNEXTをおすすめする最大の理由は、独占求人の多さです。

リクナビNEXTの掲載求人数は約9,000件。これは、他の転職サイトを大きく引き離してダントツで最多。

そして、この約9,000件のうちの85%がリクナビNEXTにしか求人依頼を出していない独占求人なのです。つまり、リクナビNEXTを使わないと、7,600件以上もの求人を見逃してしまうということ。

転職サイトメインで転職活動する求職者にとっては、これは絶望的なほどの機会損失です。

このような理由により、リクナビNEXTは、転職サイトメインで転職活動をする求職者には必須であると言い切れます。

リクナビNEXTのメリットやデメリットについては、こちらの記事にまとめています。チェックしてみてくださいね。

リクナビNEXTのリアルなメリットとデメリット|登録前にチェック

おすすめ転職サイト2 ミイダス

転職サイト・ミイダスをおすすめする理由。それは、企業から送られてくるオファー全てが、面接確約オファーだからです。

上記のリクナビNEXTもそうですが、多くの転職サイトは、Web登録すると企業からのスカウト・オファーを受け取ることができます。

スカウト・オファーとは、企業の採用担当者から「あなたのキャリアに興味を持ったので、一度うちに応募してみませんか?」というお誘いです。

スカウト・オファーに興味があればそれに返信して応募する。その後、書類選考を通過できれば面接選考へというのが通常の流れ。

しかしミイダスは、企業から来る全てのオファーが、企業との面接確約オファーなのです。つまり、書類選考は自動的にパスして、いきなり面接選考に行けるということ。

求職者にとってこのシステムは非常にアツい。転職活動で最も難しいと言われている書類選考を100%通過できるんですから。書類選考が通らなくて何十社も応募を繰り返している求職者にとっては救いの神といえるでしょう。

この面接確約オファーを得られるよう、見出だすをチェックしてみてくださいね。

ミイダスのメリットやデメリットなど、ミイダスについての詳細はこちらの記事にまとめましたのでよろしければ。

ミイダスの登録の流れとデメリット|実際に使った感想

おすすめ転職サイト3 とらばーゆ

とらばーゆは、女性専用の転職サイト。

掲載求人数は1,500件程度であり、9,000件もの掲載数を誇るリクナビNEXTには遠く及びません。

しかし、すべての求人が女性のみの募集というのは、女性にとってはとても使いやすいのです。

転職サイトで求人募集をチェックした際、多くの女性はこう考えます。「この求人、どうせ男性対象だよね」と。

実際、そのような傾向はあります。

一般的な転職サイトでは、求人に「女性活躍中」「産休・育休あり」というようなフラグが付いていたりします。そういった求人が少ないからこそ、わざわざフラグを設定しているということです。

このようなこともあり、通常の転職サイトから応募することをためらってしまう女性は多いと言われています。

一方、とらばーゆは女性専門。男性はいらない、女性がほしい!という企業が求人を出しているのです。

とらばーゆであれば、女性は安心して希望の求人に応募することができますよ。

とらばーゆのメリット・デメリット等については、こちらの記事にまとめています。ぜひ見てくださいね。

とらばーゆのリアルなメリットとデメリット|評判・口コミをチェック

転職サイトの賢い使い方

本当におすすめできる転職サイトを3つ、紹介しました。これらを効果的に使い倒すための方法を2つ解説します。

賢い使い方
  • 転職サイト内のコンテンツを使い倒す
  • 数多く応募する

使い方1 転職サイト内のコンテンツを使い倒す

転職サイトを使って転職活動をする場合、転職エージェントのようにプロからアドバイスを受けることができません。

つまり、自力で選考対策をしなければならないのです。履歴書・職務経歴書は自分で作り、面接対策も自分で行う。これ、けっこう大変です。

しかし、転職サイト内には、こういった書類選考・面接選考の対策方法が載っています。これに従い、対策を講じてください。

ところで、この対策方法は、転職サイトによって異なることが書かれていることがあります。リクナビNEXTととらばーゆでは、異なる対策方法が書かれているのです。

どちらを信用したら良いのかという話になりますが、これは、応募する転職サイトに掲載されている対策方法を信用するようにしましょう。

つまり、リクナビNEXTの求人に応募するならリクナビNEXT掲載の対策方法を、とらばーゆなら~という具合ですね。

なぜなら、各転職エージェントは、求人企業の状況や利用者のレベルに応じた対策方法を載せているからです。

リクナビNEXTやとらばーゆといった転職サイトからすると、自サイトから応募した求職者がことごとく力不足では掲載企業に顔向けできません。そこで、掲載企業に対して魅力的に映るような書類・面接対策方法を求職者に提示しているのです。

こういった転職サイトのコンテンツを使い倒すことで、その転職サイトから応募した企業の内定を勝ち取れる確率がアップしますよ。

使い方2 数多く応募する

転職サイトを賢く利用するもう1つのコツは、とにかく数多く応募することです。

なぜなら、自力で選考対策をしなければならない転職サイト経由の応募は選考通過率が低いため、数で勝負しないと内定が出ない可能性が高いからです。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるということですね。

「下手な鉄砲」といっても、ディスっているわけではありません。プロの支援を受けられる転職エージェント経由の求職者よりも不利だということを言いたいだけです、念の為。

ところで転職サイトは、履歴書・職務経歴書をサイト内に一度アップロードしてしまえば、それ以降はそれらの書類を使い回すことができます。

つまり、気になった求人が合った場合、「応募する」ボタンを押すだけで応募が完了します。とても気軽に応募できるので、じゃんじゃん応募してしまいましょう。

応募を繰り返すことで、書類選考に通りやすい企業の傾向が見えてきます。面接選考を何度か受ければ、徐々に面接慣れして緊張度が下がることでしょう。

このように、転職サイトから数多く応募することは、ノーリスクハイリターンです。ぜひやってみてくださいね。

転職サイトを利用する際の注意点

続いて、転職サイトを利用する際の注意点を3つ。

注意点
  • とにかく早く応募する
  • 何度も掲載されている企業は要注意
  • すべての情報を鵜呑みにしない

注意点1 とにかく早く応募する

転職サイトに掲載されている求人には、とにかく早く応募するようにしましょう。なぜなら、良い条件の求人ほど、早く枠が埋まってしまうからです。

希望条件に合致している求人を見つけたので応募したけれども、「すでに他の方で選考が進んでおります」というような悲しい返信が来ることは多いです。そうならないよう、良い案件は先に取りに行くのです。

この傾向が特に強いのはとらばーゆです。求人掲載日から3日後には、すでに内定者が出ていたという話もあるぐらい。新着求人をチェックし、良さそうな求人があれば即「応募する」をポチる。これぐらいのスピード感が大切です。

注意点2 何度も掲載されている企業は要注意

転職サイトには、何度も掲載されている企業が時折あります。これは要注意のサイン。離職率が高く、再募集をかけている可能性があるからです。

離職率が高い企業は、ブラック企業である可能性が限りなく高い。そんな企業に応募して、実態に気づかずに入社してしまったなんて悲劇はゴメンですよね。

何度も掲載されている企業には、極力近づかないようにしましょう。

注意点3 すべての情報を鵜呑みにしない

転職サイトに掲載されている求人情報は、とても魅力的に見えます。それもそのはず。企業側は、良いことはアピールし、悪いことは書かないという作戦をとっているからです。

これはある意味仕方のないこと。企業側は転職サイトに「○週間で○万円」というように、掲載期間に応じて掲載料を支払っています。つまり、短期間で多くの応募を集めたいというわけですね。

嘘にならない程度に盛るということが起きるわけです。なので、求人情報を鵜呑みにすると、「こんなはずじゃなかったのに」と後悔することになります。

そうならないよう、他の媒体で企業の実態をチェックするようにしましょう。現社員・元社員の口コミ情報を見ることができる【転職会議】がおすすめですよ。

まとめ|本当におすすめできる転職サイト3選

上記をまとめます。

本当におすすめできる転職サイト3選
賢い使い方
  • 転職サイト内のコンテンツを使い倒す
  • 数多く応募する
注意点
  • とにかく早く応募する
  • 何度も掲載されている企業は要注意
  • すべての情報を鵜呑みにせず【転職会議】を使う

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。