パンダ

職場で嫉妬してくる人たちがウザすぎる。仕事の邪魔をしてくるわけじゃないけど、人のことを遠目で見てコソコソ陰口。なーんか嫌な感じ。職場の嫉妬がなくなる方法ってないのかな。

職場で嫉妬されることは嫌ですよね。嫉妬から、無視や孤立といったイジメに繋がることも考えられますし。

この記事では、職場で嫉妬される決定的な理由と嫉妬されやすい人の特徴、さらには嫉妬を解消する方法などを紹介しています。

職場の嫉妬が煩わしいと感じているのであれば、この記事を読むことでスッキリするはずですよ。

職場で嫉妬を受けている人たちの声

職場で嫉妬を受けているのはあなただけではありません。Twitterから彼らの声を拾ってみました。

女性による嫉妬が特に多いような気がする…?

あなたが職場で嫉妬される決定的な理由とは?

あなたが職場で嫉妬される決定的な理由は、「あなたが優れているから」ということです。

人は誰しも認められたいと思っています。いわゆる承認欲求というものですね。しかし、誰か優秀な人が出てくると、あなたの価値は相対的に下がります。レギュラーと補欠に分かれるみたいに。

実力のない側は、自分の相対評価が下がらないように(承認欲求が満たされなくならないように)、優秀な人を攻撃して自分以下にまで引きずり下ろしたいという黒い感情が芽生えます。これが嫉妬のメカニズムです。

あなたが職場に嫉妬されるのは、あなたが優秀であり、嫉妬する側が愚かだからということを認識しておきましょう。

職場で嫉妬される人の特徴

嫉妬される人は優れている人であるというのは前述のとおり。具体的に、どのように優れていると職場で嫉妬されやすいのでしょうか。例えば、次の4つが挙げられます。

  • 仕事ができる
  • 異性から人気がある
  • 会社からの評価が高い
  • プライベートが充実している

簡単に見ていきましょう。

①仕事ができる

仕事ができる人は嫉妬されやすいです。

難しいはずの仕事を容易にクリアできたとすれば、それを見た周囲は自分の実力の無さを痛感することになるでしょう。

例えば、ほとんどの人が目標未達成なのに、1人だけ目標比200%だった場合です。

「私だって頑張っている。普通に考えて200%なんてありえない」からの「あいつはズルしているに違いない」という八つ当たり的な嫉妬ですね。

②異性から人気がある

異性から人気がある人は嫉妬されやすいです。

異性から人気があるということは、優秀な異性を選べる立場にあるということ。子孫を残す・残さないという生物学的な観点からすれば、嫉妬は当然のことなのかもしれませんね。

子孫を残したいという遺伝子が叫んでいるのです、本能的に。自分が異性から人気がないことで嫉妬する人は、可哀想な人ということです。

③会社からの評価が高い

会社からの評価が高い人は嫉妬されやすいです。

多くの会社は相対評価制度を採用しているため、会社の評価が高い人の存在により、その他の人の評価が下がってしまうからです。

実力のない人が実力者を妬むという、際立った格好悪さですね。

④プライベートが充実している

プライベートが充実している人も嫉妬されやすいです。

プライベートが充実しているということは、人生を楽しめているということ。人生を楽しめていない人からすれば、損した気分になりますから。いわゆる、無い物ねだりという心境です。

職場で嫉妬されることの7つの解消法

職場で嫉妬されることは優秀であることの証ではあります。とはいえ、ウザいといえばウザいですよね。そこで、職場で嫉妬されることの解消法を次のとおり6つ紹介します。

  • 嫉妬を受け流す
  • 優越感に浸る
  • 嫉妬する相手と距離をおく
  • 弱みを見せてあげる
  • 念のため自分の言動には注意する
  • 相手を間接的に褒める
  • 自分が輝ける会社に転職する

わかりやすく説明しますね。

①嫉妬を受け流す

嫉妬されたら受け流すというのが最強の解消法です。

嫉妬に対してムキになってしまうと、相手の思うつぼです。相手は、優秀なあなたを自分と同レベル以下に引きずり降ろそうとしています。ムキになって対抗しては同レベルということ。

嫉妬されても受け流していれば、相手とすれば糠に釘、のれんに腕押し、沼に杭です。引きずり降ろそうとしても相手にしてもらえないのですから。

そのうち嫉妬し続けても効果がないことを知った相手は、嫉妬することの無意味さを理解しておとなしくなるでしょう。

②優越感に浸る

優越感に浸るというのも、嫉妬のウザさを解消する方法です。

「雑魚が嫉妬してる。無能さをさらけ出してて笑える」と思ってみましょう。性格悪いと思います?たしかにそうかもしれませんが、そもそも嫉妬してくる方が性格悪いんですから気にしなーい。表情には出しちゃダメですよ。

これは相手云々ではなく自己完結できる解消法なので、確実にできます。効果も高いのでおすすめ。

③嫉妬する相手と距離をおく

嫉妬する相手と距離をおくことも、嫉妬のウザさを解消する方法です。距離をおき、相手の存在を薄めてしまいましょう。嫉妬されていることすら気がつかなくなるぐらいに。

ちなみに、嫉妬をしてくるタイプとは、「劣等感のカタマリ」「とにかく暇」「寂しがり屋」「群れるのが好き」な人です。こういった人たちは近くにいるだけで害悪。近くにいる必要性はありませんよね。

④弱みを見せてあげる

あえて弱みを見せてあげることで、嫉妬が解消することがあります。

前述のとおり、嫉妬とは優秀な人を愚かな自分のレベルに引きずり降ろそうという行為。弱みを見せることで、「本当は優秀ではなく、自分と同程度の人だったんだ」と思わせることができます。嫉妬が共感に変わるわけです。

このような効果を期待して、あえて弱みを見せてあげることも賢い嫉妬解消法です。

⑤念のため自分の言動には注意する

念のためですが、自分の言動には注意しておきましょう。「自慢話」「上から目線」といった、相手を不快にさせる言動をしていないかの確認です。

優秀であることで嫉妬されやすいのに、相手を不快にさせる言動をとったりしたら火に油を注ぐようなもの。相手の嫉妬にも正当性ができてしまうため、嫉妬はまたたく間に広まってしまうでしょう。

⑥相手を間接的に褒める

相手を間接的に褒めることで、嫉妬の解消が期待できます。

人は、直接褒められるよりも間接的に褒められる方が嬉しいもの。直接褒められた場合はお世辞の可能性があることに対し、関節的な場合は本心から褒めていると考えられるからです。

「○○さん、仕事が速くて正確ですね」と面と向かって言うよりも、周囲に対して「○○さんは仕事が速くて正確ですよね」と伝えたほうが効果的ということです。

本心から褒めてくれる人を悪く言う人はいません。嫉妬されるというネガティブな状況は解消されるでしょう。

⑦自分が輝ける会社に転職する

いっそのこと、転職をしてしまうというのも手です。

職場で嫉妬されるということは、あなたのレベルに対して周囲のレベルが低すぎるということ。あなたが本来いるべき職場ではないのかもしれません。

仕事面で現在の職場のレベルの低さを感じているのであれば、転職を考えてみましょう。少なくとも仕事に関して嫉妬されることはなくなるはずです。

嫉妬されない職場に転職する場合の注意点

仕事に関して嫉妬されないような職場への転職をするために注意すべきことは次の3つです。

  • 自分の実力を客観的に把握する
  • 評価基準を確認する
  • 職場の男女比・平均年齢をチェックする

それぞれ簡潔に説明します。

①自分の実力を客観的に把握する

仕事面で優秀であることについて嫉妬されているということは、その会社では実力があるということでしょう。しかし、他の会社ではどうでしょうか。

井の中の蛙では、転職活動で内定が出なかったり、転職後に苦労したりする羽目になります。客観的に自分の実力を把握しておくことは大切です。

②評価基準を確認する

転職活動で応募企業を探す際には、その企業の評価基準を確認しておきましょう。年功序列と実績重視、個人評価と組織評価等です。

あなたの強みが評価される会社をしっかりと選ばなければ、転職を後悔することになってしまうかもしれませんよ。

③職場の男女比・平均年齢をチェックする

職場の男女比や平均年齢もチェックしておきましょう。異性ばかりの職場や平均年齢が自分の年齢と大きく乖離している職場では、仕事がデキることで嫉妬を受けやすくなることがあるからです。

「女のくせに」「若造のくせに」という嫉妬を受けないようにするということですね。


上記の嫉妬されない職場に転職するための注意点は、転職エージェントを利用することにより解決します。転職エージェントは客観的にスキルを判断してくれますし、求人企業の人事評価制度や職場環境を熟知しているからです。

頼りになる転職エージェントはこちらの記事にまとめています。よかったらチェックしてみてくださいね。

本当におすすめできる転職エージェント【年代別×年収別】

まとめ|職場で嫉妬されることは誇らしいこと!雑魚たちに惑わされないように!

嫉妬を受けるということは、あなたが優れているからです。誇らしいと胸を張っていましょう。嫉妬をしてくるような雑魚たちに構う必要などありません。

気になるようでしたら、上記の対処法を試してみてください。職場での居心地が格段に良くなりますから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。また別の記事でお会いしましょう。

※働きながら手軽に転職先を探したいという場合は、超簡単な登録でありながら企業側からの求人オファーが大量にもらえる「ミイダス」の利用をおすすめします

ミイダスの登録の流れとデメリット|実際に使った感想