パンダ

転職を考えているけれど、正直怖い。転職先で人間関係がうまく作れなかったら、また転職を考える羽目になるし。

転職をしたいのに、転職後の人間関係への不安があって転職できないという人は多いです。

たしかに、会社で働いていく上で、人間関係とても重要。人間関係が悪いと、職場にいづらくなりますし、仕事もはかどらなくなります。結果、会社を辞めたくなってしまいます。

この記事では、転職後の人間関係をうまくやっていくためのコツを5つ紹介します。このコツを知ることで、あなたは人間関係が怖いから転職活動ができないという状況から解放されるはずです。

会社の人間関係を怖いと思っている人たちの声

会社の人間関係が怖いと思っている人たちはたくさんいます。そんな彼らの声を、Twitterから引用します。

あなたも彼らと同じように感じてますか?

転職が怖い理由である人間関係で失敗しないための5つのコツ

転職が怖い理由である人間関係で失敗しないためのコツが5つあります。次のとおりです。

  • 好奇の目で見られていることを理解する
  • 自分から挨拶をする
  • とにかく早く仕事で成果を出す
  • 待ちの姿勢は絶対にNG
  • 人を信用しすぎない

それぞれについて簡潔に説明しますね。

コツ1:好奇の目で見られていることを理解する

転職直後は、周囲から好奇の目で見られていることを理解しましょう。一挙手一投足をチェックされていますし、社内のあちらこちらであなたの噂話が流れます。

トイレが長すぎる、頻繁にタバコを吸っている、奇妙な癖がある、身だしなみが不潔、感じが悪い等、ネガティブな要素は悪口・陰口となって、またたく間に社内に広まってしまいます。

一度ネガティブな印象がついてしまうと、良好な人間関係を築くのは難しくなります。

このことをしっかりと認識し、ネガティブな印象を与えないように細心の注意を払って行動しましょう。

コツ2:周囲の人の名前を覚える

転職後は覚えることがたくさんあります。良好な人間関係を構築する上で最も重要な覚えておくべきことは、周囲の人の名前です。

転職初日、複数の社員に挨拶をすると思います。その際、必ず相手の名前をメモしておきましょう。自分のことでいっぱいいっぱいだと思いますが、名前をメモっておくことは必須です。

名前を覚えたら、話しかける際は必ず冒頭に相手の名前をつけてください。「おはようございます」ではなく「〇〇さん、おはようございます」、「お疲れさまです」ではなく「〇〇さん、お疲れさまです」です。

人が言われて最も嬉しい言葉が2つあると言われています。1つは「ありがとう」、もう1つは「自分の名前」です。

相手の名前を頻繁に呼ぶことで、相手は嬉しくなるとともに親近感を覚えてくれます。転職直後であっても人間関係はしっかりと構築できるようになりますよ。

コツ3:とにかく早く仕事で成果を出す

言うまでもなく会社は営利を追求しまくります。つまり、転職してきたばかりのあなたにも、1秒でも早く戦力になってもらい、会社に利益をもたらしてもらいたいと思っているのです。

逆に言うと、会社に利益をもたらさない人材はお荷物でしかありません。会社側は「こんなやつ、採用しなければよかった」と後悔するでしょう。当然、評価にも響きます。

会社は待ってはくれません。これは周囲の同僚たちも同じ。転職直後だとしても、あなたのパフォーマンスが悪い場合は「使えないやつ」と認識し、人間関係どころではなくなります。

転職直後こそ最速で結果を出せるよう、全力を尽くしましょう。

コツ4:待ちの姿勢は絶対にNG

上記「とにかく早く仕事で成果を出す」とも一部重複しますが、転職直後、待ちの姿勢でいることは絶対にNGです。

「転職したばかりで何もわからないのだから、誰かが教えてくれるはず」「研修してくれるのが普通だよね」「何したらいいかわからないから何もしない」ではアウトです。

会社はあなたを使って、1円でも多くの利益を生み出したいと思っています。周囲の同僚も、そのような認識で働いています。

そのような中で待ちの姿勢でいるのでは、やる気がないということをアピールしているようなものです。人間関係は完全にアウトです。

転職直後はとにかく必死に、前に前に動きましょう。そうすれば人間関係など後からいくらでもついてきます。

コツ5:人を信用しすぎない

転職先の人たちを信用しすぎないというもの大切です。

転職先の同僚の中には、一見するとあなたに対して好意的に接してくる人もいるかもしれません。しかし、簡単には心を許さないことです。

なぜなら、あなたと彼らとの間には、まだ信頼関係がないからです。掌返しが待っているかもしれないのです。

例えば、あなたが同僚に心を許して、「ここだけの話なんですが、本当はこの仕事、向いていないと思うんです。でもここしか内定もらえなかったから、とりあえずお世話になることにしました」なんて言ったらどうでしょう。

今日転職してきた〇〇さん(あなた)、うちの仕事はあまりやる気ないらしいよ」という噂が、社内を駆け巡ることでしょう。

転職直後、周囲は味方と思っていはいけません。「今は全員から査定されている身だ」ぐらいに考え、言動に配慮することが賢明です。

万が一、転職先の人間関係がうまくいかなかった場合の対処法

ここまで、転職先の人間関係をうまくやっていくためのコツを5つ紹介しました。これらができれば、ほぼほぼ人間関係で困ることはないでしょう。

ですが、何事にも100%はありません。何をやってもうまくいかないという職場も、わずかながら存在するのです。

そんなときにやるべきことを3つ紹介します。

対処法1:転職エージェントに相談する

転職エージェントを使って転職をした場合、転職をサポートしてくれたキャリアアドバイザーがいるはず。このキャリアアドバイザーに、人間関係がうまくいっていないことを相談しましょう。

転職エージェントは、紹介したあなたが企業に雇用されたことで紹介報酬を得ています。しかし、あなたが転職直後に退職してしまった場合には、転職エージェントは違約金を支払わなければなりません

このようなことから、あなたを紹介した転職エージェントは、必死になってあなたが退職してしまうかもしれない要因を取り除いてくれます。

人間関係が問題なのであれば、その改善を会社側に働きかけてくれるでしょう。

ということで、もしこれから転職を考える場合は、転職後にもキャリアアドバイザーのサポートを受けられるように、転職エージェントを使っておくことをおすすめします。

本当におすすめできる転職エージェント【年代別×年収別】

対処法2:上司に相談する

あなたが転職エージェントを利用せずに転職した場合は、自力でなんとかするしかありません。まずは上司に相談しましょう。

人材を採用するには多大なコストと労力がかかっているため、部下が短期間で辞めさせてしまうような上司は、会社から評価を下げられてしまうケースが多いです。

上司は、自分の評価が下がらないよう、部署内の人間関係が悪いという状態を改善するように勤めてくれるかもしれません。

対処法3:人事に相談する

あなたが転職エージェントを使っておらず、さらに上司に相談してもどうにもならなかった場合には、人事に相談してみましょう。

人事はあなたの採用に携わっているため、基本的にはあなたをフォローしてくれるはずです。

ですが、全面的には信用しないことです。人事に見込みがない人材だと判断されてしまうと、試用期間で解雇される可能性があるからです。

人事への相談は最終手段ぐらいに考えておきましょう。

まとめ|転職が怖い!転職先の人間関係で失敗しないためのコツ

転職が怖い、転職先の人間関係が心配ということはよくわかります。しかし、上記のように対処法はあります。一歩踏み出すことを躊躇する必要はありません。

転職後のことを考えて萎縮するよりも、転職を確実に成功させることに注力しましょう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。また別の記事でお会いしましょう。