バク

40代だけど転職をしようと考えている。とはいえ、家庭があるから年収を下げるわけには行かない。年収がアップする転職方法はないのかな?

現役転職アドバイザーが、40代の平均年収や、転職により年収アップを狙う方法について解説します。

※この記事は3分ほどで読み終わることができます。3分後、40代のあなたはどのような転職活動をすれば年収をアップさせることができるかはっきりとわかっているはずです。

40代の平均年収

まずは40代の年齢別平均年収を見てみましょう。

年齢 40代全体 40代男性 40代女性
40歳 505万円 555万円 402万円
41歳 507万円 555万円 408万円
42歳 521万円 576万円 410万円
43歳 517万円 572万円 409万円
44歳 524万円 584万円 408万円
45歳 526万円 584万円 409万円
46歳 540万円 595万円 423万円
47歳 551万円 604万円 432万円
48歳 564万円 621万円 431万円
49歳 573万円 633万円 427万円

dodaの平均年収ランキングより)

男性も女性も40代後半になると、年収が1段階アップすることがわかります。重要なポストに就くケースが多いことがその理由です。

一方、40代前半から半ばまではあまり伸びません。男女とも、年収が下がっている年齢もあるぐらいです。

40代で転職を意識する年齢が40代前半から半ばまでが多いということから、多くの40代が転職により年収を下げている可能性が高いことが考えられます。

40代転職で年収アップを狙えるおすすめ業種・職種

40代の業種別平均年収

それでは、40代の業種別平均年収ランキングを見てみましょう。

業種 平均年収
IT/通信 620万円
金融 594万円
総合商社 579万円
メディカル 570万円
メーカー 562万円
インターネット/広告/メディア 531万円
専門商社 526万円
建設/プラント/不動産 509万円
小売/外食 470万円
サービス 464万円

dodaの平均年収ランキングより)

現在あなたが勤めている会社よりも高い平均年収の業種に転職することができれば、年収アップの可能性が高いと考えられます。

一方、あなたが「IT/通信」や「金融」といった高年収業種に現在勤務しているということであれば、同業種への転職、あるいは現在の会社に残って年収をアップできないかを検討することも考えてみるべきでしょう。

40代の職種別平均年収

40代の職種別平均年収はどうでしょうか。

職種 平均年収
専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人) 678万円
企画/管理系 624万円
技術系(IT/通信) 600万円
営業系 595万円
技術系(電気/電子/機械) 573万円
金融系専門職 539万円
技術系(建築/土木) 495万円
技術系(メディカル/化学/食品) 487万円
クリエイティブ系 482万円
販売/サービス系 405万円
事務/アシスタント系 375万円

dodaの平均年収ランキングより)

豊富な経験や高度な専門知識が求められるコンサル系の専門職、企画・管理系、IT・通信の技術系が上位に並んでいます。

また、インセンティブが期待できる営業系も上位に入っています。対人面に自信があるのであれば、営業職は業種経験が少なくとも転職しやすいという特徴があります。

40代は転職で年収アップできる?

ここまで40代の年収について見てきましたが、これらと比べてあなたの年収はいかがですか?

低かった場合は転職に対するモチベーションがより上がったことでしょう。高かったとしても、より高みを目指したいという気持ちが湧き上がっているはずです。

とはいえ、40代は転職により年収を上げることができるのでしょうか。次のような現実があります。

10%以上アップ 10%以上ダウン
転職1年経過時点 32.2% 32.9%
転職2年経過時点 40.5% 23.7%

リクルートワークス研究所資料より)

このデータからわかることは、40代の転職で年収が増える可能性があるのは転職2年後以降ということです。年収アップにつながる評価をされるのには時間が必要というわけです。

40代の転職は、転職直後というよりも、その先を見据えて年収アップを目指すというのが現実的といえるでしょう。

40代が転職で年収をアップさせる方法

40代が年収をアップさせる方法は2つあります。

40代が年収をアップさせる方法
  • 年収の高い業種へ転職する
  • キャリアが評価されるよう準備する

方法1 年収の高い業種へ転職する

前述の通り、業種や職種により40代の平均年収は大きく異なります。あなたがどれほど懸命に働いても、あなたの業種・職種が低年収傾向があるのであれば、高い年収は期待しづらいのです。

そこで、平均年収の高い業種・職種へ転職することで年収アップを狙うという道があります。

しかし、ここで難しい問題が1つ出てきます。それは、年収の高い業種・職種がいずれもあなたにとって未経験であるという場合です。

40代が未経験業種・職種に転職することは非常に厳しい。なぜなら、40代は即戦力であることを求められるからです。

あなたが平均年収の高い業種・職種について即戦力であることをアピールできないとなると、転職どころではありません。

しかし一縷の望みがあります。それは営業職への転職。

営業職は職種の中では年収ランキング4位に入る高年収職種。また、職務経歴書の書き方を工夫したり、入念な面接対策をしたりすることで、未経験業種であっても営業力があるように見せることができます。

つまり、未経験であっても40代が転職できる可能性が高いのが営業職なのです。

とはいえ、40代が未経験業界の営業職に転職することが簡単だというわけではありません。他の未経験職種と比べ、相対的に転職しやすいというだけです。しっかりと準備して臨んでください。

方法2 キャリアが評価されるよう準備する

40代では転職で内定を得ること自体が難しいというのは常識。そのような中、年収アップを狙った40代の転職がどれほど厳しいかは想像に難くないでしょう。

40代が年収アップを目指して転職をするには、より入念な準備が必要となります。

転職活動の書類選考時に必要な履歴書・職務経歴書にありきたりな内容を書くのではなく、自分が即戦力であり、自分を採用した暁には大きな利益がもたらされるということを具体的に示さなければなりません。

しかし、これは口で言うほど簡単なことではありません。独力ではまず無理と思ってください。どうしても転職支援のプロの力を借りる必要があるのです。

こちらの記事に、40代におすすめの転職エージェントをまとめました。一度チェックしてみてください。

40代におすすめの転職エージェント【状況別】

まとめ|40代の平均年収と年収アップするための転職方法

上記を簡潔にまとめます。

  • 40代は、40代後半になるまでは年収はあまり上がらない傾向にある。
  • 業種・職種により平均年収は大幅に異なる。
  • 40代は転職2年目以降の年収アップが期待できる。
  • 年収アップを狙った転職には、営業職への挑戦か、転職エージェント等のサポートが必要。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

よかったらこちらの記事もどうぞ。

40代の転職失敗理由と3つの回避策