チンパンジー

このまま今の会社で働いていても先がない。そうかといって、転職失敗することは絶対に避けたい。40代でも転職失敗しない方法は何かないのだろうか?

現役転職アドバイザーが、40代が陥りがちな転職失敗理由を紹介。さらに、40代の転職失敗を回避するための具体策を解説しています。

※この記事は3分ほどで読み終わることができます。3分後、40代のあなたは、今後どのような動きをすれば転職失敗を避けることができるのか明確に理解できているはずです。

40代の転職失敗理由

40代が転職に失敗する理由には次の4つがあります。

40代の転職失敗理由
  • 希望条件を妥協しない
  • 事前準備不足
  • 転職のしやすさだけを考えている
  • 転職先が決まる前に退職してしまう

転職失敗理由1 希望条件を妥協しない

希望条件を妥協しないと、40代での転職に失敗する可能性は高いです。

なぜなら、希望条件を全て満たせるような求人はほぼなく、仮にあったとしても、応募が殺到する人気求人である可能性が高いため選考通過が難しいからです。

たしかに40代ともなると、希望せざるを得ない条件は多くなりがち。転職後の条件が、家族の生活そのものに直結するからですね。

しかし、残念ながら40代は転職選考では年齢的に不利です。

企業側は40代に対して年齢相応以上のキャリアを求めていますし、そのようなポジション(つまり上位役職)の数は多くありません。限られたパイの奪い合いとなっているわけですね。

ということで40代は、複数ある条件に優先順位をつけ、一部切り捨てる覚悟をもって転職活動に臨まなくては、いつまで経っても内定はもらえません。

複数ある条件の優先順位付けにおいて、重視すべきポイントがあります。それは、前職の退職理由となった条件を最優先条件とすることです。

「給与が低すぎた」「残業過多で体力的に限界だった」「パワハラが辛かった」等ありますよね。これをピックアップ。同じ理由で早期転職せざるを得ない状況に陥らないために必須です。

40代転職において、希望条件を付けられるとすれば、この転職理由に関する条件に加え、もう1つ程度が限界です。つまり希望条件は2つまで。

これぐらいの妥協をしなければ、40代転職活動は厳しいです。

転職失敗理由2 事前準備不足

40代は転職活動において、事前準備不足により失敗しているケースが多いです。

40代の事前準備とは、自己分析や選考対策を指しますが、20代や30代と比べると40代はその難易度が劇的に高い。にもかかわらず、20代、30代の頃と同程度の準備しかせず、落とされまくってしまうのです。

40代の事前準備が20代、30代と比べて難しいのは、次のような理由によります。

40代転職の事前準備が難しい理由
  • 年齢的にキャリアが長いため、アピールすべき強みを絞り込みづらい。
  • 不利であるはずの40代で転職する切迫度が、企業側から非常にネガティブに認識されてしまう。これを払拭する必要がある。
  • そもそも年齢相応以上のキャリアがない場合、それを補うアピールをする必要がある。

このように難問が数多くあるにも関わらず、なぜか妙に自信過剰になって「まあ、面接本番でどうにかなりますよ」と、その場のアドリブだけで乗り切ろうとする40代も多いです。

こういった一連の準備不足により、多くの40代は転職に失敗し続けています。

転職失敗理由3 転職のしやすさだけを考えている

転職のしやすさだけを考えて転職する40代も、転職に失敗してしまいます。

内定がなかなかもらえず転職活動が長期化すると、藁にもすがる思いになりがち。妥協点は下がり、採用してもらえればどこでもいいという発想になってしまうことも。

こうなった場合、最も怖いのがブラック企業への転職です。ブラック企業に転職すると、早いタイミングで再転職する可能性が非常に高くなるからです。

転職失敗理由4 転職先が決まる前に退職してしまう

転職先が決まる前に退職をしてしまった場合、転職に失敗する可能性が一気に高まります。

前職を退職するということは、40代という家庭を支える年齢でありながら現在無職状態であるということ。企業からの評価は大幅に下がってしまうのです。

企業側は無職状態の40代に対して、次のような見方をします。

40代無職に対する企業側の見方
  • まさか、懲戒?
  • 性格面に問題(ストレス耐性の欠如、衝動的、計画性の欠如等)がある?
  • 能力が著しく低い?

40代が無職状態になるということは、これほどまでに深刻な事情である可能性があると評価されることを認識しておいてください。

また、無職状態が長引くことにより、家庭内不和になるケースも多い。収入はなくなり、将来の見通し立たなくなり、家族からは「仕事もせずに…」と思われる。心身ともにドン族に陥ってしまうかも知れません。

過度な心身の疲労でドクターストップになってしまった場合はやむをえませんが、転職先が決まるまではなんとしても現職にしがみついてください。

40代の3つの転職失敗回避策

次に、40代の転職失敗回避策を3つ紹介します。

40代の転職失敗回避策
  • 転職エージェントのサポートを受ける
  • 転職サイトを使って基本に忠実な転職活動をする
  • 知人に紹介してもらう

転職失敗回避策1 転職エージェントのサポートを受ける

転職エージェントのサポートを受けることは、最善の転職失敗回避策です。

なぜなら、前述した4つの転職失敗理由を、すべてサポートしてくれるからです。

転職失敗理由1 希望条件を妥協しない

⇒転職市場の現実から客観的に、希望条件の優先順位付けを適正化してもらえる

転職失敗理由2 事前準備不足

⇒企業情報収集、書類・面接選考対策等、徹底的にサポートしてもらえる

転職失敗理由3 転職のしやすさだけを考えている

⇒早期に再転職する羽目にならないよう、適切なマッチングをしてもらえる

転職失敗理由4 転職先が決まる前に退職してしまう

⇒無職状態にならないよう、転職先が早期に見つかるようサポートしてもらえる

40代にとって、良い転職エージェントのサポートを受けることができれば、その時点で転職活動の7~8割は終了していると言ってもいいぐらいです。

なお、40代におすすめの転職エージェントは次の記事にまとめていますので、よかったらチェックしてみてくださいね。

40代におすすめの転職エージェント【状況別】

転職失敗回避策2 転職サイトを使って基本に忠実な転職活動をする

転職エージェントのサポートを受けることができないロークラスに該当する40代は、自らの力で転職活動を進めていかなければなりません。

その流れは次のとおりです。

40代の自力での転職活動の流れ・進め方
  1. 希望条件を整理する
  2. 自己分析をする
  3. 転職サイトで求人を探す
  4. 書類対策をして応募する
  5. 面接対策をして面接を受ける

流れ1 希望条件を整理する

前職の退職理由(=転職理由)は、数ある希望条件の最上位においてください。

希望条件は厳選してもう1つまで。つまり、合計2つを希望条件としましょう。

希望条件を3つ以上にすると、内定がもらえず転職活動が長期化します。

流2 自己分析をする

自分の強みを見つけてください。

そのために、これまでのキャリアを洗い出し、キャリアで一貫するものや顕著な実績をピックアップしましょう。

この強みこそが、転職活動でアピールすべき点になります。

流れ3 転職サイトで求人を探す

40代で利用すべき転職サイトは、【リクナビNEXT】と【ミイダス】の2つです。

登録して、自己分析で把握できた強みを活かせる求人を探しましょう。希望条件も絞れますが、前述のとおり2つまでです。

流れ4 書類対策をして応募する

強みを際立たせる職務経歴書を作成します。詳しくは次の記事にまとめているので参考にしてください。

職務経歴書の書き方を超絶丁寧に全解説【プロ直伝】

流れ5 面接対策をして面接を受ける

面接対策は、「自己PR」「志望動機」「転職理由」といった想定される質問をピックアップし、それに対する回答を書き出す。そしてそれを自分の言葉で話せるように暗記しておきましょう。

さらに、家族・知人に面接官役をしてもらい、模擬面接もしておいてください。面接官役を頼めない場合は、スマホ等で自分の模擬面瀬姿を動画自撮りしてチェックです。

これが自力での転職活動の基本です。1つでも手を抜くと即失敗に繋がりますから頑張りましょう。

転職失敗回避策3 知人に紹介してもらう

知人の紹介も、40代が転職失敗を回避する方法の1つです。ただし、これは諸刃の刃という側面も。

紹介してくれた知人の手前、万が一にも実力不足であってはなりません。また、いかなる理由があろうとも、短期間で退職することもできません。さらには、仕事の様子や評価が、企業から知人に筒抜けになる可能性もあります。

このように、知人の紹介は大きなリスクを伴います。長期的に考えれば、個人的な繋がりのない転職エージェントや転職サイトを利用しての転職のほうが、デメリットは少ないといえるでしょう。

まとめ|40代の転職失敗理由と3つの回避策

上記をまとめます。

40代の転職失敗理由
  • 希望条件を妥協しない
  • 事前準備不足
  • 転職のしやすさだけを考えている
  • 転職先が決まる前に退職してしまう
40代の転職失敗回避策
  • 転職エージェントのサポートを受ける
  • 転職サイトを使って基本に忠実な転職活動をする
  • 知人に紹介してもらう

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。