30代女性の正社員転職

パンダ

30代の私だけど正社員転職したいな。家族や友達に聞くと厳しいって言われたけど。正社員転職できる方法ってあるのかな?

転職アドバイザーである私・オーミヤは、これまで数百名に上る女性の転職支援をしてきました。なかでも30代は最も多いです。そのような私の経験に基づいた30代女性の転職黄金ルートをシェアします。

※この記事は3分ほどで読み終わることができます。3分後、30代女性のあなたは、どのように行動すれば最短距離で正社員転職を成功させられるかがわかっているはずです。

30代女性の正社員転職黄金ルート

30代女性の正社員転職黄金ルート

30代女性の正社員転職黄金ルートとは、次の3つの流れのことです。

30代女性の正社員転職黄金ルート
  1. 簡単に自己分析をする
  2. 希望条件に優先順位をつける
  3. 転職エージェントに登録する

黄金ルート1 簡単に自己分析をする

まずは、あなた自身の「強み」を把握するために自己分析をします。

転職活動とは企業に自分を売り込むことであり、その売り込むためは「強み」を知っておかなければならないからです。

無表情の写真を貼り付け、何の特徴もない履歴書を送りつけたところで、企業は書類選考を通してくれないのです。

ところで、じつはこの自己分析こそが転職活動最大の山場だったりします。私がサポートしてきた30代女性でも、ここを乗り越えられなくて転職活動を断念した人が非常に多かった。

どのような山場なのか…それは、面倒くさいということです。

自己分析をせずに、いきなり求人探しする30代女性が多すぎます。そして、正社員転職に失敗してしまうんです。

自己分析結果を詳細に書き出してくださいとはいいません。ざっくりとでいいので、もっといえば思い浮かべるだけでもいいです。

あなたがこれまでの職歴で何か得意だと思えることがあったか、成果があったと思えるようなことがあったかを、30秒ほどボーッと考えてみてください。

何かありましたよね? それがあなたの「強み」。つまりこれから転職活動を戦っていくうえでの武器ですよ。

黄金ルート2 希望条件に優先順位をつける

あなたには、企業に求める希望条件があるはずです。仕事内容、給与、勤務場所、勤務時間、休日、職場環境、人間関係等々。

でも、残念ながらそれらすべての希望が転職活動で叶うことはありません。そもそも条件がすべて揃った求人などほぼありませんし、仮にあったとしても、あなたにとって良い条件ということは他の人にとっても良い条件だったりして競争率がバカ高くなるからです。

なので、複数ある希望条件には優先順位をつけてください。これをしておかないと、正社員転職後に必ず後悔します。「こんなはずじゃなかった」と。

さらに言うと、そもそも今回の転職活動をすることになった理由があったはず。転職理由に該当する条件を、最上位の希望条件にしてください。

給料が少なくて転職するのなら月給○○万円以上とか、残業ができなくなったので転職するなら残業なしとか、女性ばかりの職場の人間関係が嫌になって転職するなら職場の人員構成が~とかです。

転職理由を最上位の希望条件にすることで、今回同様の理由で早々に転職する羽目になることもなくなります。

黄金ルート3 転職エージェントに登録する

自己分析をざっくりとやり、希望条件に順位付けした。次にやることは転職エージェントへの登録です。

はっきりいって、30代女性の正社員転職は簡単ではありません。どこでもいいのなら楽勝ですが、そうではないですよね? 希望条件いくつかに該当した正社員求人から内定をもらいたいのであれば、ライバルも少なからずいるため、しっかりとした対策が必要だからです。

で、自力ではどうしても限界があります。企業情報の収集もきついし、履歴書・職務経歴書といった応募書類を通す方法だって難しいし、面接なんてひとりじゃ絶対に対策できません。

ということで、転職支援のプロである転職エージェントのサポートを受けてしまいましょう。

転職エージェントはあなたを企業に採用してもらうことで報酬を得るというシステムなので、あなたが正社員転職できるよう必死にサポートしてくれます。しかもぜーんぶ無料で。

転職活動はライバルとの戦いでもあります。

30代女性で好条件が揃った会社に転職できているのは、転職エージェントのサポートを受けた女性ばかりです。サポート受けて万全の対策を講じている女性と、自力で頑張っている女性、どちらが勝って内定をもらえるかは明白ですよね。

そこで次に考えるべきは、どこの転職エージェントを使うべきかということですが、それはこちらの記事に具体的にまとめていますのでチェックしてみてくださいね(別窓で開きます)。

30代におすすめの転職エージェント【状況別】

転職エージェントへの登録イコール、正社員転職成功というゴールに向けて敷かれたレールに乗ったということ。黙っていても、転職エージェントが導いてくれます。

この、自己分析⇒希望条件の順位付け⇒転職エージェントへの登録が、30代女性の正社員転職黄金ルートですよ。

30代女性が正社員転職に失敗してしまうケースとは?

30代女性の正社員転職失敗

ここまで、30代女性の正社員転職黄金ルートを紹介してきました。一方で、どうしても正社員転職ができない30代女性もいます。

あなたがそうならないよう、ここからは、30代女性が正社員転職を失敗してしまうケースを少しだけみていきます。

30代女性が正社員転職に失敗してしまうケースは3つあります。

30代女性が正社員転職に失敗してしまう3つのケース
  • 家族・友人・知人の話を鵜呑みにしてしまう
  • 転職先決定前に退職してしまう
  • 結局、行動しない

失敗ケース1 家族・友人・知人の話を鵜呑みにしてしまう

家族・友人・知人といった身の周りの人の声を参考にしてしまうと、正社員転職は失敗します。

なぜなら、身の周りの人の人の意見には誤りが非常に多いからです。例えば次のように。

仕事は事務がラクそうでいいんじゃない?

事務は20代や派遣が主流。30代正社員で入ること自体が難しいですよ。

転職するなら、まずはハローワークだよ

ハローワークは最後の砦。まずは上記黄金ルートですよ。

ハローワークは夕方が空いているらしいよ

いや、だからハローワークは最初から使う必要ないし。

とりあえず資格でも取っておけば?

資格は必須じゃありません。どうしても気になる場合は次の記事をみてくださいね。

30代転職で有利になれる資格12選【これでスッキリ】

こんな感じ。30代女性の正社員転職黄金ルートを知った今のあなたには、こういった周囲のアドバイスがいかに的外れであるかわかりますよね。

失敗ケース2 転職先決定前に退職してしまう

転職先決定前に現職を退職してしまうというのは自殺行為です。

なぜなら、企業からの評価も激落ちして内定が出づらくなり、経済的・精神的に追い込まれるからです。具体的には次のとおり。

転職決定前の退職がNGな理由
  • 転職先が決まっていないのに退職したなんて、ストレス耐性がない? 衝動的な性格? 能力が著しく低い? 重病持ち? もしかして懲戒? 採用するのはリスク高すぎだな、と企業から思われて不採用続きとなる。
  • 不採用が続いて、精神的に追い込まれる。
  • 無職状態が続いて、経済的に追い込まれる。
  • 究極まで追い込まれてブラック企業に泣きついてしまい、後悔先に立たずという言葉を身をもって知る。

こんな不幸、どこのドラマ?

なので、転職先が決まるまでは、どれほど現職がきつくてもしがみついていてください。ここで踏ん張りきれないと、あなたの正社員転職はほぼほぼ失敗します。

失敗ケース3 結局、行動しない

30代女性の転職黄金ルートを知りながら行動しない。読んだだけで「そういう感じね」で終わってしまう。これで正社員転職できるわけありません。

黄金ルートに従って今すぐに行動した未来としなかった未来を想像してみてください。ポイントは「今すぐに」ですよ。

ちなみにこの黄金ルートは、超短時間で完了します。自己分析3分、希望条件の順位付け3分、転職エージェントへの登録10~15分。合計30分かかりません。それで人生変わります。

かのウォルト・ディズニーも言っています。「物事をスタートさせる方法は、話すことをやめて、とにかく手を動かすことだ」と。

30代女性の正社員転職Q&A

資格取得で転職は有利になる?

30代女性は未経験の仕事に正社員転職できる?

簡単ではありませんが、できないこともありません。

ところで、未経験の仕事ということは、これまでのキャリアを捨てるということ。その場合、あなたの「強み」は何になりますか?

経験がないのに、より長期に渡って活躍できそうな20代や、よりコンパクトに働いてくれる派遣に勝てますか?

とりあえず転職エージェントに相談をしてみてください。あなたの状況をトータルで見て、転職支援のプロとして客観的なアドバイスをくれるはずです。

周囲の意見を参考にしちゃ危険ですよ、念のため。

30代女性は独身か既婚かで転職に有利・不利はある?

独身・既婚による有利・不利はありません。安心してください。

なお、独身の場合「結婚の予定は?」、既婚の場合「妊娠・出産の予定は?」というセクハラ質問をしてくる会社が、いまだに一部あります。

腹立たしいですが、とりあえず「そのような予定はありません」と受け流しましょう。

とはいえ、企業の顔ともいえる面接官がそのような質問をしてくるということは、その会社の程度が知れたようなもの。そもそも行く価値があるかどうか、あなたの側から選別してもいいかもしれませんね。

子持ちの30代女性は転職に不利?

育児等の理由で、あなたの勤務時間、勤務曜日、勤務場所等が限られるようなことがあると、不利になることがあります。

もし、あなたとまったく同じスキルがある人がその企業に応募していたら…ということですね。

30代女性は派遣社員・契約社員転職も考えるべき?

将来的に正社員に戻りたいということであれば、派遣社員・契約社員は選ばないほうがいいです。

派遣社員・契約社員は、正社員と比べると携わる業務レベルが低く、責任度合いも少ないという傾向があるからです。

派遣社員・契約社員という立場に身を置いてしまうことで、あなたのキャリア評価は下がってしまう可能性が高い。

さらに企業によっては、「正社員転職できなかったから、やむを得ず非正規雇用になった」と評価してくるところもあります。

正社員にこだわるのであれば、多少時間がかかってでも正社員一本で転職活動しましょう。

30代後半の女性でも正社員転職は可能?

もちろん可能です。とはいえ、30代前半と比べると若干厳しくなります。

企業側は年齢相応のスキル・知識を求職者に求めます。で、30代半ばを過ぎると、年齢相応のスキル・知識とは、マネジメント経験や高度な専門スキルというのが一般的。

あなたに、これらが備わっているのであれば問題ありません。しかしそうでなければ能力不足とみなされてしまい、苦戦が予想されます。

とにかく、時間の経過とともにハードルが上がり続けますので、少しでも早く行動することが大事ですよ。

30代女性は正社員転職でハローワークも使うべき?

30代女性はハローワークが大好き。ですが、最初から使う必要はありません。

なぜなら、ハローワークは最後の最後の最後の砦だからです。実際、ハローワークを管轄する厚生労働省のホームページに、ハローワークについて次のように書かれています。

民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担っています。

厚生労働省HPより

「民間の職業紹介事業等」とは、転職エージェントのことです。

転職エージェントのサポートを受けたにもかかわらず転職できなかった人が、最後にすがるところとして利用するのがハローワークということです。

まとめ|30代女性の正社員転職の黄金ルート

スキルレベルを証明する資格

30代女性の正社員転職の黄金ルート
  1. 簡単に自己分析をする
  2. 希望条件に優先順位をつける
  3. 転職エージェントに登録する
30代女性が正社員転職に失敗してしまうケース
  • 家族・友人・知人の話を鵜呑みにしてしまう
  • 転職先決定前に退職してしまう
  • 結局、行動しない

時間が経てば経つほど、企業があなたに対して求めてくるスキル・知識レベルは上がっていきます。つまり、転職しづらくなります。

迷っている暇はありません。すぐに黄金ルートに従って行動して、正社員転職を成功させてくださいね。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。