30代が転職で感じる10個の不安をピックアップ。これらに対し、現役転職アドバイザーが解決策を提示します。

転職したいけれどもなんとなく不安という30代のあなたにとっては参考になるかもしれません。

30代の転職不安1 仕事内容

仕事内容に関して30代が覚える転職不安とは、例えば次のようなもの。

  • 難易度の高い仕事だったらどうしよう…
  • ノルマが達成できなかったらどうしよう…
  • 興味の持てない仕事だったらどうしよう…
  • やりがいが感じられない仕事だったらどうしよう…

せっかく転職した会社なのに、仕事についていけない、あるいは仕事内容に満足できないということだったら大変。 もしかしたら再転職を考えなければならなくなるかもしれないですからね。不安になる気持ちもわかりますよ。

30代の仕事内容に関する不安の解決策

解決策はもちろんあります。転職前に、企業情報をしっかりとチェックしておくということです。

転職サイトに載っている企業情報はかなり好意的。掲載している企業とすると、高いお金を出して転職サイトに掲載しているのに、悪いこと(真実)など書いてしまったら応募者が来なくなるからですね。

なので、転職サイトに載っている情報は信じてはいけません。3割ほど盛られているのが普通と思ってください。

そのうえで、あなた自身で真実を探す努力をしましょう。【転職会議】を使えば、無料で現社員・過去社員の内情に関する口コミを見ることができますからおすすめです。

30代の転職不安2 給与

とにかくお金がかかる30代です。家族ができて、20代の頃のようにその日暮らしなんて生活をしている場合ではありません。

そんな30代で、給料が下がってしまうようなことがあれば大問題。不安にもなりますよね。

リクルートワークス研究所のワーキングパーソン調査によると、30代の平均年収は転職前後で次のように変わります。

転職前 転職1年目 転職2年目以降
30~34歳 369.3万円 375.1万円 394.3万円
35~39歳 416.3万円 422.0万円 443.7万円

このように、30代は転職をすることで給与が上がっています。微増…? そんなこと言っちゃいけません。上がっただけでも儲けものなんですから。

30代の仕事内容に関する不安の解決策

転職によってこの平均値よりも多く給与を増やしたいということであれば、給与が高い業界への転職を検討することもアリです。

マイナビによると、給与が高い業界のトップ10は次のとおり。

1位 外資系金融 1,315万円
2位 不動産 751万円
3位 専門コンサルタント 716万円
4位 生命保険・損害保険 699万円
5位 証券・投資銀行 696万円
6位 住宅・建材・エクステリア 669万円
7位 環境関連設備 646万円
8位 精密機械 638万円
9位 金融総合グループ 621万円
10位 その他金融 610万円
10位 リフォーム・内装工事 610万円

こういった業界に転職すれば、給与アップが期待できます。が、激しく注意しなければならないことがあります。それは、職種は変えてしまっては駄目ということ。

職種=仕事内容です。これを変えてしまうと、未経験職への転職扱いされてしまいますよ。

例えば、あなたがこれまで広告関連の法人営業をしていたのであれば、あくまでも法人営業で探すこと。いきなりアセットマネージャーになりたいと言ったところで、給与がアップする転職先はありませんからね。

なお、業種も職種もそれまでのキャリアの延長線上に絞って転職活動をすることが、最も給料を上げることができる可能性があることは、もはや書くまでもないでしょう。

30代の転職不安3 残業・休日出勤

30代で家庭を持つと、自分だけでなく家族の予定に合わせなければならないことも多くなります。

残業や休日出勤が多くなると、家庭内の不満足度が上がってしまいますよね。「私にばかり家事や子育てばかりさせて!」など。

まあ、家事・育児を手伝うかどうかは残業・休日出勤とは別の話という意見もあるでしょうが、そこは置いておいてください。

このように不安になる残業・休日出勤問題ですが、転職活動のときに面接官に質問するのは、なかなか勇気がいることです。

ナマケモノ

残業はどれぐらいありますか? 休日出勤はあるんでしょうか?

こういった質問を面接官に投げかけると、マイナス評価を受けてしまうかもしれないと思いますよね。答えはズバリそのとおり。マイナス評価を受けます。

なので、面接でそんな質問はしないでくださいね。

30代の残業・休日出勤に関する不安の解決策

残業・休日出勤に関する不安は、これまた自分で調べて解決するしかありません。

口コミサイト【転職会議】を使いましょう。転職サイトに載っている「完全週休二日制」という表現が、いかにまやかしであるのかがわかりますよ。

30代の転職不安4 人間関係

30代で転職を失敗しないための注意点

同僚から無視され続けた。上司が取っ付きにくくて話す気がなくなり距離を置くようになった。部下に話しかけても「チッ」と舌打ちされる。

転職先でこんなことになったら終わりですよね。また転職先を探さなければならない羽目になります。

実際、仕事内容や給与に対する不満がなくても、人間関係がうまくいかずに転職したいという人はとても多い。女性なんか特にです。

30代の人間関係に関する不安の解決策

あなたが穏やかな人間関係を求めているのであれば、次の要素をチェックするといいですよ。

  • 職場の人間関係が穏やかな傾向がある企業の特徴
  • 高額なインセンティブが乗るような職種の募集を出していない企業
  • 会社が長く存続している企業
  • 平均年齢が高めの企業
  • 産休・育休制度をこっそりアピールしている企業

こういった企業は、成長性を求めて尖ってやる!というよりも、成長も安定もバランス良くと考えている傾向が強い。社員も大切にしてくれるでしょう。

注意してほしいのは、企業内の福利厚生といって企業内サークル活動の写真を企業サイトにバンバン掲載している企業。これ、イメージアップ戦略の常套手段です。サークル活動への参加自体が強制というパワハラ企業もありますから、あまり信じないほうがいいかも。

上記を意識しつつ【転職会議】を使ってリアルな口コミを見ると、更に完璧ですね。

30代の転職不安5 家族の反対

転職に対して家族からの反対があることはよくある話。

フクロウ

なぜ今の安定を捨ててまで転職したいの? 今の会社で頑張り続けることはできないの? 転職して給料が下がったり転勤になったりしないの?

こういったことを、悲壮感を漂わせた家族から聞かれるかもしれません。正直、気が滅入りますよね。

30代の家族の反対に関する不安の解決策

こういった家族の反対に関する不安の解決策は1つです。想定される不安に対してハッキリと答えられるように準備しておくこと。

逆に言うと、これに答えられないということは、そもそも転職はするべきではないということです。あ、家族よりも自分自身のほうが圧倒的に大切ということであれば話は別ですが。

もうそろそろ懐メロの域に入ってしまいますが、ファンキーモンキーベイビーズのヒーローでも聞いて、家族と自分(の仕事)を天秤にかけてみるのも一つです(真顔)

音が出るので気をつけてくださいね。

ちなみに、こうすればいいなどという共通の解決策などありません。だって、家族の状況は人それぞれですからね。

30代の転職不安6 選考通過率

内定がなかなか出ないかもしれないという不安、ありますよね。

またしても引用ですが、リクルートワークス研究所のワーキングパーソン調査によると、30代の応募した企業数と内定数の平均は次のとおりです。

平均応募社数 平均内定数 平均通過率
30~34歳 7.6社 1.5社 19.5%
35~39歳 12.2社 1.6社 13.1%

6~8社受けて1社から内定というのがリアルな数字ですね。

30代の選考通過率に関する不安の解決策

上記の30代選考通過率平均をキツイと考えるのであれば、考えを改めましょう。実際はキツくないです、そんなに。

応募とは履歴書・職務経歴書を提出したということ。こんなのは、転職サイトを使えば秒速でできます。「応募する」ボタンをポチればいいだけですから。

転職エージェントだって、「じゃあ応募しておいてください」と担当に伝えるだけ。一気に10社以上応募するという荒業をする人も結構います。

このように、極端にハードルの低い記念受験的な応募をしている人も多数いる。その数字が上記の平均値です。ということで、6~8社に応募して1社内定という平均値は、大してキツイ数字ではないということですね。安心してください。

あと、そういったムダも極力省いて、最小限の労力で転職活動を終えたいんだというワガママを言うのであれば、やり方は2つ。希望条件を下げるか、転職エージェントをうまく使うかです。

希望条件を下げると、給与の問題やら家族の反対やらが出てくる可能性が高まります。かなり嫌ですよね。

転職エージェントは選び方があります。それは、サポート期間が決まっている転職エージェントを使うということ。

サポート期間が決まっていれば、転職エージェント側も効率よく転職させようと動いてきます。自ら設定したサポート期間が切れれば、商品である求職者がいなくなるということですからね。そりゃ、転職エージェントも必死になります。

で、そんなサポート期間のある転職エージェントというのは、リクルートエージェント(3ヶ月間)とパソナキャリア(6ヶ月間)です。

気になったらチェックしてくださいね。

30代の転職不安7 未経験職

30代で転職失敗しないために最も大切なこと

ペンギン

これまで何年か仕事をしてきたけど、自分のやりたいことじゃなかった。毎日を充実させて将来への希望を持つためにも、本当にやりたかったことに挑戦したい!…なんて思ったところで、30代で未経験の仕事に就けるか不安。

残念ながら、この不安はとても現実的。未経験職を目指すということは、それまでのキャリアを捨てるようなものですからね。

いや、30代で未経験職への転職、できるといえばできます。希望条件を下げればという話ですが。

チンパンジー

営業で年収500万円前後もらっていたけど、急に建築に目覚めて、CADで建築図面を描きたくなった。年収300万円で、残業は死ぬほどあっても転職したい。

こういうことなら問題ありませんけれど。

30代の未経験職への挑戦に関する不安の解決策

解決策は1つだけ。転職エージェントに相談することです。やはり、プロのアドバイスしか参考になりません。

家族や友人・知人などいろいろなことを言ってくるでしょうけれども、初戦は素人考えです。参考にしてもいいことありません。

転職エージェントですが、注意しなければならないことがあります。それは、転職エージェント側自身の利益を優先してミスリードしてくる可能性があるということ。

また、どの転職エージェントなら、そのようなミスリードすることはないと言い切れないという事情もあります。

なぜなら、求職者へのアドバイスは、転職エージェントに所属するキャリアアドバイザーが行うものであり、キャリアアドバイザーも人なのでいろいろなタイプがいたり思惑があったりするからです。

ということで最善策は、優良といわれる転職エージェント複数に登録して、複数のキャリアアドバイザーからもらうアドバイスを総合的に判断するということ。

もちろん、疑問があれば解決。「A社のアドバイザーはこう言っていたけど、本当のところはどうなんでしょ?」という具合に。

こうすれば、希望条件を下げることなく、30代で未経験職への転職ができるか否かがわかるはずです。もしかしたら、職種は異なっていても、職種以外のあなたの強みをアドバイザーが見つけてくれるかもしれませんし。

30代の転職不安8 キャリア形成

転職を失敗すると、それまで積み上げてきたキャリアを失ってしまうのではないかという不安を持つ30代が結構います。

これはよくわかる話。

未経験職へ転職をすればキャリアが崩れるという当たり前すぎる話は置いておいて、ここでは、ちゃんとそれまでのキャリアの延長線上の企業に転職したのに、残念ながらキャリアが崩れてしまったというケースについてです。

どれほど仕事が合っていたとしても、仕事を除く要素が合っていなければ長くは勤めていられません。

給与が低い、パワハラがある、死ぬほど残業、休みなし、リストラで今月も数人が首を切られた… あなた自身ががこういう企業で働いている姿を想像してみてください。やってられませんよね。

こうしてキャリアを棒に振る人を、転職アドバイザーである私はたくさん見てきました。不安にならないほうがおかしいです。

30代の未経験職への挑戦に関する不安の解決策

万全なのは、転職エージェントを複数利用し、さらに【転職会議】などの口コミサイトを併用するということです。

転職エージェントは、紹介した人材が企業に採用されることで報酬を得ていますが、逆に、採用された人材が短期間で退職するとペナルティを払います。つまり天正エージェントは、求職者に満足度の高い転職をさせなければならないという思考です。

とはいえ、転職エージェントも万全ではありません。入手できていない企業の内部情報はあるでしょう。こればっかりは伝えようがない。

またあるいは、転職エージェントのキャリアアドバイザーの中には、とにかく転職させてしまえばどうにかなる、と思って無理やり押し込むような輩もいるかもしれません。

なので、複数の転職エージェントを利用してチェックをかけ、さらに自らも口コミサイト【転職会議】などで、転職エージェントから紹介された実態を探る。

こうすれば、仕事以外の条件が悪すぎて「こんなはずじゃなかったのに」とキャリアを棒に振るようなこともなくなるはずです。

30代の転職不安9 自分の転職市場価値

自分の能力がどの程度の価値があるのか、不安を持つ30代は多いです。この不安はごく自然なことですよ。

転職活動において、能力はあなたの武器です。この武器でライバルたちをなぎ倒し、企業側にその力を納得させなければならないからです。そうしなければ採用されませんからね。

30代の転職市場価値に関する不安の解決策

30代の転職市場価値は、意外にも簡単にわかります。それは、転職サイトのミイダスに無料登録することです。

ミイダスへの登録は、【ミイダス公式ページ】から行います。簡単なアンケートに答えていく形式の登録方法なので、5分程度で完了。
その結果、転職市場価値が想定年収という形で表示されます。

詳しくはこちらの記事にまとめているので、興味があればチェックしてみてくださいね。

ミイダスの登録の流れとデメリット|実際に使った感想

30代の転職不安10 転職求人媒体

転職活動の求人媒体は、「ハローワーク」「転職サイト」「転職エージェント」「新聞・チラシ」「雑誌」などあります。

変な媒体を使って非効率な転職活動になったら…と不安になることもあるでしょう。

30代の転職求人媒体に関する不安の解決策

30代が利用すべきは、いくつかの転職エージェントを最優先というスタイルで間違いありません。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

30代におすすめの転職エージェント【状況別】

 

まとめ|30代が転職で感じる10個の不安と解決策

これまで30代の転職の不安10個を並べてきました。これらへの解決策は、ざっくり言えば次の3点です。

  • プロのアドバイスを得るために転職エージェントを使う。
  • 転職エージェントも万能ではないので、複数の転職エージェントを掛け持ち利用する。
  • 自分の目でも情報を確かめるため、【転職会議】などの口コミサイトも使う。

これでほぼほぼOKのはずです。

この記事があなたのお役に立てますように。