フクロウ

20代だけど、この年令だからこそキャリアプランについて真剣に考えたい。JACリクルートメントというハイクラス向けエージェントがあるけど、自分にはまだ早いんだろうか?

現役転職アドバイザーである私は、20代の求職者にJACリクルートメントをおすすめしています。その理由と、JACリクルートメントを効果的に使うコツについて解説します。

※この記事は3分程度で読み終わることができます。3分後、20代のあなたは、JACリクルートメントを使うことの意味と効果的な使い方をはっきりと理解できているはずです。

20代転職でJACリクルートメントをおすすめする理由

20代転職でJACリクルートメントを利用するメリットは何でしょうか。おすすめする理由として解説します。

20代転職でJACリクルートメントをおすすめする理由
  • キャリアプランに対する適切なアドバイスがもらえる
  • 好条件案件への転職が叶う可能性が高い

理由1 キャリアプランに対する適切なアドバイスがもらえる

20代の求職者にJACリクルートエントをおすすめする1つ目の理由は、キャリアプランに対する適切なアドバイスをもらえるからです。

JACリクルートメントはハイクラスに特化した転職エージェントです。JACリクルートメントの転職コンサルタントは、高いポジションの求職者に対して、より高いポジションの仕事を紹介しているということ。

つまり、高いキャリアを目指すための情報とノウハウを持っているのです。

JACリクルートメントを利用することで、こういった高い次元のキャリアプランに関するアドバイス・サポートを受けることができますよ。

理由2 好条件案件への転職が叶う可能性が高い

JACリクルートメントは他の転職エージェントとは異なり、転職コンサルタントが求人企業の窓口担当も兼ねています。

企業の採用担当者と面識があるだけでなく、採用計画や実際の職場状況等についても熟知しているのです。

企業の求人選考についても同様です。

  • どのようなキャリアが好まれるのか
  • ポテンシャル面は何を重視されるのか
  • 面接担当者はどのような立場の人なのか
  • 不採用になった人はどのような傾向だったのか
  • 過去の面接時の質問内容は何か

 

こういったことまで、JACリクルートメントの転職コンサルタントは把握しています。もはや、解答がわかっているテストを受けるようなものです。

好条件案件ばかりを扱っていて、しかも選考通過率が高いというのがJACリクルートメントの特長。

あなたも挑戦してみてはいかがですか?

JACリクルートメントを利用できる20代求職者の条件

次に、JACリクルートメントを利用できる20代求職者の条件を見てみましょう。

JACリクルートメントを利用できる20代求職者の条件
  • 現在の年収が500万円以上である
  • 転職によるキャリアアップを真剣に考えている

条件1 現在の年収が500万円以上である

20代にして年収500万円以上の場合、JACリクルートメントを利用できる可能性が高いです。

なぜなら、年収500万円以上を得ている20代は、一般的にハイクラスであるとみなされるからです。

ちなみに20代後半の年収は300万円前後と言われています。200万円近い開きがありますもんね。

なお、年収500万円に届かない20代は、残念ながらJACリクルートメントのサポートは望めません。

その場合は、20代のあらゆる層に対して強い【リクルートエージェント】【マイナビエージェント】をチェックしてみましょう。

条件2 転職によるキャリアアップを真剣に考えている

20代でJACリクルートメントのサポートを受けるには、キャリアアップを真剣に考えていなければ難しいです。

なぜなら、JACリクルートメントが保有している求人は、エグゼクティブ・管理職・高度専門職案件ばかり。少なくとも、幹部候補的なポジション以上の求人案件という具合です。

こういった仕事は、当然のことながら責任度合いが高いため、キャリアアップを真剣に望んでいなければミスマッチということになってしまいます。

20代転職でJACリクルートメントを効果的に使うコツ

あなたが上記のJACリクルートメントを20代で利用できる条件に該当している場合は、以下、効果的に利用するコツもチェックしておきましょう。

20代転職でJACリクルートメントを効果的に使うコツ
  • 登録時、簡単でもいいので職務経歴を入力しておく
  • 初回面談には能動的に臨む
  • 転職コンサルタントと頻繁に連絡を取り合う

コツ1 登録時、簡単でもいいので職務経歴を入力しておく

JACリクルートメントへの登録は、【公式サイト】から行います。その際、「氏名」「生年月日」「在住都道府県」といった基本情報を入力します。

その後、職務経歴の入力を求められます。これを軽視する人が実は多いのです。しかしそれは絶対NG。

JACリクルートメント側が登録者の情報の中で最も注視する一つが、この職務経歴。この内容をもとに、担当のキャリアコンサルタントや紹介する求人案件が決まるのです。

とはいえ、実際に企業に提出する職務経歴書ではありません。あくまでも概要がわかればいいのです。よって、「企業名」「部署名」「職務内容」「大まかな実績」さえ入力すれば、この段階では十分ですよ。

JACリクルートメントの公式サイトからWEB登録した際は、若干面倒でも職務経歴の概要は入力しておきましょう。

コツ2 初回面談には能動的に臨む

20代ということもあり、選考においてはキャリアとともにポテンシャルが売りになる場合があります。

初回面談の時点で、転職コンサルタントに対してポテンシャルが高いということをアピールすれば、そこを長所として求人企業側に売り込んでもらえる可能性があります。

そして、ポテンシャルの高さは資格や学歴だけではありません。ポジティブさ、外見等も含まれるのです。

自分自身の考えているキャリアプランをまとめておく、服装・身だしなみにも気を遣うなどしておきましょう。

コツ3 転職コンサルタントと頻繁に連絡を取り合う

転職コンサルタントとは頻繁に連絡を取り合うようにしてください。

なぜなら、転職コンサルタントは求職者が疎遠になるのは、「転職活動が終了した」「他社からの紹介案件の方が優先度が高い」というように判断し、あなたの優先順位が下げられてしまうからです。

転職コンサルタントから連絡が来なかったとしても、自ら連絡をするぐらいの姿勢でいましょう。

まとめ|20代転職にJACリクルートメントをおすすめする理由

上記をまとめます。

20代転職でJACリクルートメントをおすすめする理由
  • キャリアプランに対する適切なアドバイスがもらえる
  • 好条件案件への転職が叶う可能性が高い
JACリクルートメントを利用できる20代求職者の条件
  • 現在の年収が500万円以上である
  • 転職によるキャリアアップを真剣に考えている
20代転職でJACリクルートメントを効果的に使うコツ
  • 登録時、簡単でもいいので職務経歴を入力しておく
  • 初回面談には能動的に臨む
  • 転職コンサルタントと頻繁に連絡を取り合う

JACリクルートメントへの登録は、【JACリクルートメント公式サイト】からになります。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。